マウンテン通信

大阪府高槻市にある、自家焙煎コーヒーとオリジナルハーブティーの店マウンテンのブログです。楽しくハッピーな日々を綴りました。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

完売御礼

アイスもなか400個、7時半ごろに完売しました。
子供たちが、たくさん買いに来てくれました。

今年はよねちゃんが大活躍。
あっという間に終わってしまいました。
来年もやりますよ!どうぞよろしくお願いします。

さあ明日から8月。楽しい夏をお過ごしください。

マウンテンは今から打ち上げです。レッツ、GO-!!

 CIMG4678.jpg
 
 CIMG4679.jpg

スポンサーサイト

| 今日の出来事 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恒例夜市

ちびっ子集まれー!!
お父さんも、お母さんも、
おじいちゃんも、おばあちゃんも、
み~んな来てね!

今年もやります。夜市です!
本日31日(土曜日)夕方6時くらい~
金魚すくい、フランクフルト、カキ氷、輪投げなどなど
楽しいお店がいっぱい出ます。

マウンテンは、恒例のアイスモナカをやります。
サクサクのおいしい皮に、冷たいアイスクリームが
たっぷり。
おいしいよ!
    CIMG3499.jpg

| 今日の出来事 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花カフェ

今年の2月に、出張カフェをさせていただいた
伊丹市立美術館にて、
   アンドレ・ボーシャン展
    ー世界で一番美しい庭ー

bauchant_hptop.jpg

が開催されています。

期間中、展示絵画にちなんで花カフェが登場。
企画されているのは、「リラク香房るあん」の橋本良枝先生。

マウンテンままも一日だけお手伝いすることになりました。
   8月1日(日)11:00~17:00
   場所は美術館の隣にある旧石橋家

「花カフェ」…名前がステキでしょ。
フルーツいっぱい!お花がいっぱいのハーブティーと
かわいいお菓子もあるそうです。
美術館の横にはお酒や地ビールのおいしい
白雪酒造のレストランもあります。
どうぞ伊丹にお越しください。



| お知らせ | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私を旅行に連れてって!

私を旅行につれてって!
久しぶりのシリーズ復活です。

ぼんやりと右向こうに見えるのは、そう、スカイツリーです。
今回は、東京に行かれたCountry Eyesさんが
写真を送ってくださいました。

   053_20100728053457.jpg

東京の街並みを見下ろしながら写真に納まっているのは
「ニックさん」。
浅草見物や、水上バスなんかにも乗られたそうです。

スカイツリーがだんだんに出来上がっていく様子を見ていると、
映画「3丁目の夕日」なんかを思い出してしまいます。
しかし、このスカイツリーの形が、天守閣に見えて
仕方がないのは私たちだけ?かな。

東京は話題いっぱい。エキサイティングな都市。
いいないいな!東京。
久しぶりに行きたいな!東京。

お知らせ:夏休みなど、旅行に行かれる時には、一声かけて
      くださいね。
      旅行のお供用に、人数分のカップオンコーヒーを
      プレゼントしちゃいます。
お願い: そして、「こんなところへ行ってきたよ!」という
      写真(カップオンコーヒの写ったもの)を私たちに
      見せびらかしてください!

| ちょっといい話 | 23:38 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ヒマラヤに魅せられた男

ヒマラヤ

<ヒマラヤマウンテン販売記念エッセー>

         忘れられない味
                         (芥川商店街・梵) 下村 嘉明   

幸運にもヒマラヤの頂に登ることが出来た我々の遠征隊は、調査を兼ねて
岐路を未知な谷筋に道を求めてキャラバンを開始した。
3日目になってようやく草が点在するような谷間に出られた。
歩く先の地面にヤギの糞が落ちているのを見ると、人家が近くにあるのでは
ないかとうれしくなってくる。
1ヶ月もろくなものしか食べていなかった為に新鮮な食べ物に飢えていたのである。
トマト、とうもろこし、じゃがいも…なんでもいい。
谷を下り続けてようやく、牛が畑を耕す光景が見えてきた。私は急いで家が
ありそうな方向に歩いていった。
土と石と木の枝で作った小さな家があった。あたりにひとけはない。
家の入り口と思われる方に行こうとした時、中から小柄な裸足の老婆が出てきた。
私は「何か食べ物はありませんか。トマトか何か」と言った。
老婆は最初、突然の訪問者にとまどった様子だったが、私の願いがわかったのか
家の中から丼の器に入った白い飲み物を持ってきた。
私は老婆から丼を受け取って少し飲んだ。すっぱい味がする。
他の隊員たちが回し飲みをして誰かが「自家製のヨーグルトだ」と言った。
私は日本で売っているヨーグルトは嫌いだったが、老婆の自家製は飲みやすくて
美味かった。一同お礼を言ってお金を渡そうとしたが老婆は受け取らなかった。
家の周りを見渡しても野菜畑らしいものはなかった。
他の家が見えないこの谷間で、これ以上老婆から食べ物をもらったら
彼女の食べ物がなくなる。我々は早々に出発した。
それから幾日もキャラバンを続けて無事に街に着いたが、はるか秘教の地の
ヨーグルトは忘れられない。

ヒマラヤに憧れる人は「山の高さが持つ独特の空間から神秘的で何か未知なる
感性を得て、新たな自分を見つけたい」そんな思いが強く働き、遠くjヒマラヤまで
行くのではないかと私は考えている。
35年も前に行ったヒンズークッシュの山々は今も変わらずにそびえているに違いない。
1970年代はヒマラヤの山々が次々に登られ、より困難なルートから頂を目指す
バリエーションルートの時代に入っていた。
世界の登山家は登山史に名前を刻むべく毎年毎年多くの登山隊がヒマラヤに挑戦
した時代でもあった。
私は年老いて再びかの地を訪れることは出来ないかも知れないが、青春の情熱を
かけた熱い思いだけは消さずにおきたいと思っている。


  このエッセーを書いてくださった下村嘉明さんは、芥川商店街にある
  「梵」ぼんというお店のオーナーさんでいらっしゃいます。
  IMG_2181.jpg

  「梵」さんは、着物から洋服を仕立てるユニークなお店です。
  学生だったときにヒマラヤに登ったというお話を伺っていたので
  思い出などちょっと書いていただきました。
  梵さんのお店はマウンテンの右斜め前。
  たくさんの布や仕立てあがった洋服、和風な雑貨に囲まれて、
  下村さんが針を持ってお仕立ての仕上げをされています。
  IMG_2183.jpg

  ヒマラヤの話をふってみたら、もっとたくさんの話が聞けるかも。
  入ったことのない方、一度この暖簾をくぐってみませんか…!
  IMG_2186.jpg

| ちょっといい話 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーマウンテン NO1

誰もが知ってるコーヒーといえば、
      ブルーマウンテン!

他のコーヒーは麻袋に入ってきますが、ブルマンだけは、
木の樽に入ってきます。

 IMG_2161.jpg

この樽をよ~く見ると、タガの上から、

 IMG_2176.jpg

HANDLE WITH CAREという文字が印刷されています。
この「タガの上から」というのが大事。つまり、リパックされて
いないという証拠です。

木のふたを開けると中にはこんな紙が入っています。

 IMG_2167_20100723025705.jpg

紙には、その重量と、正式なブルマンであるということが
記されています。
これも、本物のブルマンである証です。

ブルマンは日本で樽詰めされた偽物が多く出回っているため
本物であるという証拠は誇りです。

さて、ブルマン。
どんな味でしょうか。
ブルマンは、味、香り、コクともにバランスのとれたコーヒーで、
やわらかく上品な味わいは、多くのファンを持っています。
特に日本人の好みに合うようで、輸出量の大半を日本が
占めています。

ブルーマウンテンと呼べるのは、1953年にジャマイカ政府が
決めた法律、
 (標高800m~1200mのブルマンエリアで生産され、
  かつ、指定された精製、加工工場で処理されたコーヒー)
だけです。
等級も定められており、NO1、NO2、NO3のランクがあります。

マウンテンの取り扱いは、本物のブルーマウンテン NO1。
まだ飲んだことのない方はぜひ飲んでみてください。
多くのファンを持つわけがわかりますよ!

おまけ:ブルーマウンテンの地名の由来
     18世紀、ジャマイカがイギリスの統治下になったときに
     初代の総督が、霧の向こうに美しく輝く神秘的な山を見て
     「ブルーマウンテン」と叫んだことがはじまりだそうです。 

 

| コーヒー&紅茶の話 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴーヤとスパム

夏の野菜 ゴーヤ

 IMG_2159.jpg

 和名は「ツルレイシ」。果肉が苦いので「ニガウリ」とも言います。
 最近では、沖縄の方言「ゴーヤ」が一般的になってきました。
 ここ数年エコライフで「緑のカーテン」として注目され、住宅にも
 植えていらっしゃるお家が増えているようです。
 (この写真はお客様のお家の緑のカーテンのもの)
 (とりたてのゴーヤはぷりぷり!いぼがぽろぽろ取れます) 

ゴーヤといえば沖縄料理。「ゴーヤチャンプル」大好き!
豚肉とあわせることが多いですが、
やはり沖縄といえばコレ。スパム

 spam.jpg

スパムは、アメリカのHoumel Foodes社が販売している
ランチョンミートの缶詰のことです。
1937年に発売されて以来、欧米で普及。
なぜに沖縄?米軍基地の影響ということです。

沖縄では、ポークといえばスパムのことだそうで、
ハムエッグのスパム版「ポーク卵」は人気NO1らしいです。

ベーコンほど油っぽくなく、コンビーフみたいにパラパラに
ならず、やわらかく食べやすいので、なかなか便利。
ハワイやグァムにいかれた方は、スパムおにぎり なる食べ物を

 spamusubi.jpg

見られたことでしょう。
スパムの薄切りをのっけたおにぎり。なかなかいけます。

このスパム、元々はかなり塩分の強いものでしたが
さすがに最近は、塩分カットや低カロリーのものも
登場してきました。

さて、ゴーヤとスパム。大変相性がいいので、マウンテンの
甘くないおやつ「キッシュ」の具として登場してもらっています。

 IMG_1927_20100721063639.jpg

ヨーロッパのお料理であるキッシュの中身は、沖縄の特産品。
違和感なくおいしく出来ました。
今週のメニューとして作っています。一度お召し上がりください!

| ちょっといい話 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒマラヤマウンテン

30キロ限定コーヒーです。
ヒマラヤマウンテン(ネパール産)

ヒマラヤ

あのエヴェレストのあるヒマラヤ山系で生産される
大変希少価値のあるコーヒーです。

ネパールでコーヒーが栽培されだしたのはおよそ30年前。
本格的に輸出されだしたのはほんの5年前といいます。
農村の貧困緩和、土壌浸食の防止などを目的にした
農業政策のひとつとしてコーヒー豆が栽培されています。

国内外の団体からの技術援助によって築かれた高水準の品質。
また、ほとんどが零細農家なため、高価な農薬を使用せず
実質の無農薬栽培になっています。

ハーブのようなひかえめな花の香りを持ち、
程よいコクを持ちながらもやわらかい印象のコーヒーです。

神々の山、エヴェレストに思いをはせながら
この貴重なコーヒーをお楽しみください。

| コーヒー&紅茶の話 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のおやつ

うれしい連休の今日(17日土曜日)のおやつは
Country Eyesさんの
          冷やしてもおいしいメロンパン
  IMG_2077.jpg

ホロホロおいしいメロン生地をかぶったパンの中には
上品な味の漉し餡がたっぷり!
冷やしてもおいしい秘密は、ほんのり甘い
ブリオッシュ生地のため。

朝10時に焼き立てが届きます。

軽いお昼に。3時のおやつに。夕食前の虫やすめに。
冷蔵庫に冷して明日の楽しみに。
おいしいですよ!




| マウンテンのスウィーツ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしい!のために

焼き立てはおいしい! か?

最近、「焙煎したてのコーヒーをください」と言われる方が
多くなりました。
少し前に、テレビで取り上げられていたそうです。

さて、焙煎したてのコーヒー豆はおいしいでしょうか?

焙煎してすぐの豆を飲んでみると…
香りは、豆を煎ったような香ばしい香り。
     (コーヒーは、豆でなく種ですが)
味は、まだ個性が出ておらず、スカッと抜けた印象です。
    どの豆も味が近い感じです。

それが、一日経ち、二日経ち、徐々に個性が出てきて
甘さ、苦さ、酸味、香りなど奥行きの深い味わいになります。

焙煎したての豆は香ばしく、それはそれでおいしいものですが、
本来のコーヒーの味とは違うものなのです。
コーヒーというものをパーフェクトに楽しむならば、
焙煎してから味が落ち着いた2~3日以降ということになります。

ただし、(ここからが重要!)
この話は、焙煎がしっかりできている
うえでのことです。

生のコーヒー豆は、十数パーセントの水分を含んでいます。
焙煎という作業は、その水分を飛ばしながら、豆の成分を
化学反応させることにより、味を作っていくことです。

豆は非常に固いため、じんわり、しっかり火を通していかないと
表面だけいい色(いわゆるコーヒー色)でも、中に芯が残ります。
わずか紙一枚のような芯残りでも、それが生焼けとなり、
えぐみ、しぶみの原因にります。

その、えぐみしぶみは、焙煎したての豆では香ばしさの影にかくれ、
感じることは少ないのですが、日が経つにつれ、姿を現してきます。
また、いれ立てでは感じないのに、冷めたら飲めないコーヒーも
それが原因です。
そして、そんな味がコーヒーの味だと思ってしまうのです。

特に、短時間で焙煎した豆や、少量で焙煎した豆、画一的に
焙煎した豆、数種類を一緒に焙煎した豆などに顕著に現れてきます。

きちんと焙煎された豆は、えぐみやしぶみを感じることなく
コーヒー本来の、甘さ、苦さ、酸味などを楽しむことができます。
また、冷めてもなおおいしい!と思えるものなのです。
決して胸焼けなどおこすものではありません。

焼きたての豆がすべておいしい、のではなく
適正に焙煎された豆が、
焼きたてもおいしい!
 のです。


    

| コーヒー&紅茶の話 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キレイなアイスオーレ

ミルクたっぷりのアイスオーレ、おいしいですね。
おいしいオーレをさらにおいしく!
見ためもキレイなアイスオーレです

ブラックのアイスコーヒー牛乳で作ります。(豆乳でもおいしいです)

CIMG1331.jpg  CIMG1334.jpg  CIMG1338.jpg

① グラスの口のところまで、氷をタップリ入れます。
② 牛乳を入れます。
   (おいしい比率 牛乳6: コーヒー4
③ 上からゆっくり、そおーっとちょっとずつコーヒーを
  入れていきます。
   (牛乳に乗せる感じ。氷に沿わせるとうまくいきます)
   (シロップをいれるときは牛乳に入れておきましょう。
    さらにキレイに二層に分かれます)
ハイ、出来上がり!

| コーヒー&紅茶の話 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとめずらしいもの

最近見たちょっと珍しいもの!

コールラビ

  IMG_2139.jpg

ドイツ語でキャベツの意味のkohlとカブの意味のrabiから
付けられた名前だそうです。
味と食感は、ブロッコリーの茎のよう。スープにして食べました!

島オクラ

  IMG_2145.jpg

沖縄で栽培されているオクラ。よく見るオクラは五角形ですが
コレは丸くとんがった形。やわらかくねっとり感が強いのが特徴です。
同じくねばねば系の山芋とあわせて、おそばの上にかけて。
しあわせ!

ブラックベリー

  IMG_2156-1.jpg

名前のとおり黒くなったら食べごろ。
そのまま食べたり、ジャムにするのが一般的だそうですが、
コレをくださった方は、ブランデーに漬けて
ベリー酒を造られるそうです。おいしそうですね。

風蘭

  IMG_2158.jpg

初めて見た花。ふうらんと言います。
江戸時代から栽培されている古典植物。
地面に咲くのではなく、樹木の太い幹などにくっついて
育っていくそうです。
かわいい白い花は、まるでバニラのような豊かな
香りを放っています。

みなさんのおかげで、いろいろ知ることができて
ありがたいです。

| ちょっといい話 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すいかブレンド

7月になると登場するのが
     すいかブレンド

    すいか01
    
新しいお客様は必ずと言っていいほど、
「コーヒーの中にすいかが入っているの?」
「すいかの味がするの?」と聞かれます。

いえいえ、すいかは入っていませんが、
これは、すいかをイメージしたコーヒーです。
中煎りのコーヒーの中に深入りの豆をぽつぽつと
ブレンドし、すいかの種に見えるようにしました。
(できたいきさつは、こちらでご確認を。
 ただし、現在は1種類だけになっています)

フルーティなエチオピアのモカをベースに、
薫り高いドミニカ、そしてアクセントは、
コロンビアの深煎り。
味が濃いながらもすっきり感のあるジューシーな
コーヒーです。

すいかブレンドは、7月・8月のおすすめブレンドです。
暑いときには熱いものを!



| コーヒー&紅茶の話 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の花

今朝いただいたハイビスカス
鮮やかにかわいい、夏の花。
  IMG_2146.jpg
「一日花だよ」とおっしゃるとおり、夜にはしぼんで
あしたの朝には散るそうです。見事な咲きっぷり!

ハイビスカスといえば、みなさんご存知のハーブ。
食用はローゼル種といわれるもので、観賞用とは別のもの。
  haibir.jpg
ハーブティーに使う部位は、お花ではなく、ガクのところです。

多量に含まれるクエン酸は、疲労回復効果にすぐれ
マラソンなどのドリンクとしても使用されています。
効能は、眼精疲労の予防と回復、利尿作用。
     疲労回復。


さて、マウンテンでは、
そのルビーのような鮮やかなピンク色とさわやかな風味、
すぐれた効能をいかした夏メニューをご用意しています。

ハイビスカスティー(カルピス添え)
  IMG_2149.jpg
ハイビスカスのほかにも夏にうれしいハーブをブレンド。
 ローズヒップ・美肌効果抜群、ビタミンCの宝庫
 レモングラス・消化促進、疲労回復
 ヒース・ミネラルたっぷり、強壮作用、美白効果

キュンとさわやかなハイビスカスティーにお好みで
カルピスを入れて…。
じめじめうっとおしい夏を忘れるおいしさ。
夏バテなんか吹っ飛んじゃいますよ!
このおいしさ、ぜひお試しください。


| 今日の出来事 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐオープン!

マウンテンの焙煎機はGRN製5キロ釜。
そのひと回りコンパクトな3キロ釜が六甲のお店に備え付けられました。

 IMG_2136.jpg

お店の名は Cafe Renca さん。
7月17日に阪急の六甲でコーヒーの挽き売りとカフェを
オープンされる予定です。

志を同じくする仲間が増えてうれしい限り。
お互いに刺激しあってがんばりましょう。

| 今日の出来事 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷やしメロンパン!

マウンテンの喫茶のおやつとして、
毎月の第1と第3土曜日には、Country Eyesさんの
シナモンロール を召し上がっていただいていますが、
夏の間は特別に、他のパンをお願いしています。

第一弾として明日は、
冷やしておいしいメロンパン

  IMG_2077.jpg

えー!メロンパンを冷やすの?
これが、なかなかいけるのです。
その秘密は、生地とあんこの種類に
あるんですよね!Country Eyesさん。

そのおいしさ、是非お試しください!

| マウンテンのスウィーツ | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。