マウンテン通信

大阪府高槻市にある、自家焙煎コーヒーとオリジナルハーブティーの店マウンテンのブログです。楽しくハッピーな日々を綴りました。

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8年目のチャリティツリー

12月のスタートは、チャリティツリーから。
マウンテンは、クリスマスツリーの飾りつけをお客様にお願い
しています。
募金に協力いただいたお客様に、赤いリボンを一つ飾っていただ
きます。
IMG_0946-1.jpg IMG_0945-1.jpg IMG_0947-1.jpg

最初は殺風景なツリーが、みなさまの暖かいお心で、だんだん
にぎやかになっていきます。25日には赤いリボンでいっぱい
になりますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

いただいた寄付金は、25日のクリスマスの日に高槻市社会
福祉協議会に寄付いたします。
スポンサーサイト

| お知らせ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムーランルージュ

シックで深い味わい、美しい紫のグラデーション。
ドレスのような華麗なフリルの花びら。
なんとおしゃれなパンジー。名前は「ムーランルージュ」
    IMG_0927-1.jpg
ステキないただきものです。

| 今日の出来事 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完熟黒ゴマバナナジュース

JR大阪駅の中央口を出て阪神百貨店に向かう地下道、
大丸を超えて、目の前に金券ショップ、左手に阪神
百貨店のパン屋さんの入り口、という場所まできたら、
右斜め後ろを見て下さい。
IMG_0925-1.jpg
バナナやパイナップル、キーウイーなどがてんこ盛り。
そう、生ジューススタンドです。
ひときわ目立つでっかい字「完熟黒ゴマバナナジュース」
考える間もなく、150円握ってカウンターに向かって
いました。

手渡されたジュース。ドロッと濃い、濃い !
IMG_0920-1.jpg IMG_0921-1.jpg
味は ? バナナの自然な甘みと黒ゴマの香ばしさがやみつき
になるかも、でした。

缶詰は一切使わず、フレッシュなフルーツだけというのが
うれしいお店。
毎日の通勤の栄養補給に。ショッピングの疲れを取るときに。
おすすめのジューススタンドです。

| ごちそうさま! | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Country Eyes

明日の水曜日のCAFEのスィーツは「Country Eyes
山脇ひとみさん」のシナモンロールです。
   IMG_0862-1.jpg
先週初お目見えでしたが、アッと言う間の売り切れ。
気になっている方は早めにお越し下さい。

週末の土曜日もCountry Eyesさんのケーキが登場です。
メニューは、クリームチーズとホワイトチョコのタルト。
文句なしのおいしさです。どうぞお楽しみに !
  

| マウンテンのスウィーツ | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モダンアート

HAYATO TOMINAGA FROM NEW YORK
PAINTING EXHIBITION IN OSAKA 2007

モダンアートのジャンルで活躍されているニューヨーク在住のアーティスト
富永隼人さんです。
IMG_0916-1.jpg IMG_0909-1.jpg
マウンテンがなぜにモダンアート? 実は2年前、ニューヨークに行ったとき
MOMA(モダンアートミュージアム)の案内を説明してくださったのが
この方、富永さんだったのです。

モダンアートは全く無知の私たちでしたが、素人にも理解しやすいように
簡単な言葉でわかりやすく説明してくださったので、館内を楽しく回れました。
富永さんのおかげで、私たちの中にあるモダンアートの垣根が取り払われた
のでした。

そのとき、2年後に大阪で個展をするからね、と案内をいただき、この日を
まっていたのでした。
たった3時間MOMAを一緒にまわっただけだったのに、富永さんはちゃんと
覚えていてくださいました。
出会いは一枚の絵として覚えるのだそうです。さすがアーティスト。

作品を見ながらお話しすること30分。印象に残ったお話が2つ。

昔の日本の家は、借景という考えがあったので絵が必要でなかった。
現代の家は窓を開けても良い景色が無いため、壁を作る。壁は白、だから
抽象画が受け入れられるようになってきた。絵は窓の役割をしているいうお話し。

もう一つのお話しは、絵の完成間近、さらに筆を加えるか止めるかを決める
ときは、絵を壁にかけておき、とりあえず絵のことは忘れる。そして、気持ちを
集中させてコーヒーを入れて、ちゃんとソファに座ってコーヒーを口に運び、
ニュートラルな状態で絵を見てきめるのだそうです。

コーヒーがお役にたっているとはうれしいこと。
そういえば、外国では美術館や本屋さんには、どこもちゃんとしたカフェや
レストランがあり、刺激を受けたその気持ちのまま、お茶や食事、会話を楽し
んでいます。
マウンテンのコーヒーもそんな場面でお役にたちたいものです。


| 今日の出来事 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

双子ちゃん

双子ちゃん用のバギーです。
乗っているのは、男の子と女の子の双子ちゃん。かわいい、カワイイ !
    IMG_0885-1.jpg
ちょっと早く生まれたので、まだ小さく、泣き声もふにゃふにゃ。
ぐずりだすと、パパとママは気を使って、だっこして外へつれて
いかれますが、他のお客様は「小さい赤ちゃんの泣き声なんか
気にならへんよ」とやさしい言葉をかけて下さいます。

「赤ちゃんの泣き声には、いやされるわ。なんか心があったかく
なるね。いつも怒ってばっかりやから、今日は、家に帰ったら
子供にやさしくしよ。」なんて、先輩のお母さんたちが、話を
されていました。

いつものCAFEは、グループごとに話に花が咲き、結構にぎやか
なのですが、たまにはこんなふうにほっこりしているときもあります。

赤ちゃんは幸せを運んできてくれます。

| 今日の出来事 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小林さんのケーキ

明日土曜日のCAFEのケーキは、小林さんの「キャトルカール」です。
    CIMG3961.jpg
さて、チームマウンテン・スウィーツ隊の小林さんがこのたびケーキ工房
を開かれることになりました。パチパチ!!
工房の名前は「quatre(キャトル)」。キャトルとは、フランス語で
「4」という意味。

以下、小林さんからのごあいさつです。
  「quatre」…「卵・砂糖・バター・粉」の4つの材料は、洋菓子なら必ず
  入っている基本の材料です。この4つがうまくつながって「お菓子」が誕生し、
  また、配合や混ぜ方、練り方によって食感を楽しむことが出来ます。
  さらに、「春・夏・秋・冬」4つの季節に合ったものを組み合わせることで
  プラスαのおいしいお菓子を作りたいという思いを込め、「4」という数字を
  意識した「quatre」という名前をつけました。

  ずっと、お菓子作りとは無縁ですごしてきました。ふとしたきっかけで「コーヒーに
  合ったお菓子を自分で作れたら、お家カフェも楽しいかも」という単純な発送から、
  私のお菓子作りはスタートしました。
  家族・友人・職場・ご近所を巻き込んで、何度も失敗を繰り返しながら、当初は
  想像すらしなかった「作る楽しさ」とお菓子作りの「奥深さ」を実感し、ハンド
  メイドの魅力にまんまと(!?)ひっかかってしまいました。
  カフェで召し上がっていただいた方のくつろぎの時間をより満たしてくれるような、
  また、ふとした時にお味を思い出していただけるようなお菓子を目指して、
  私の試行錯誤の日々は現在進行形です。

「quatre」さんのケーキは、毎月第2土曜日には<季節の焼き菓子>を。
工房の名前と同じ第4の土曜日は、自慢の「キャトルカール>をカフェにて
召し上がっていただけます。

最後に、「キャトルカール」について小林さんからの思いを語っていただきます。
  初めてこのお菓子に出会ったとき、一口目で「やさしい味だなあ~」と思い
  ました。4つの材料を同じ分量で余計なものは加えず、見た目にもシンプルな
  焼き菓子ですが、そのシンプルさ故に出来上がりの良し悪しがはっきりあらわれる
  お菓子です。
  毎回最後の工程になるとドキドキし、祈るような気持ちでオーブンに入れています。
  私個人的にも大好きなキャトルカール。なんだか懐かしいようなやさしいお菓子を
  どうぞお楽しみ下さい。

なお、「quatre」さんのケーキについてのお問い合わせ・ご注文などは
マウンテンあてに、TEL・FAX・メールにて承ります。    

| マウンテンのスウィーツ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マカロン

吹田の岸辺にある、完成度の高いパン屋さん「ル・シュクレクール」さんが、
このたび隣にパティスリーを開店されました。

さっそく行ってこられたグルメさんにいただいたおみやげ「マカロン」です。
   IMG_0877-1.jpg
カッワイイのです。こんなにかわいいのに、一つ一つきっちり工夫されていて
どれを選んでも満足! しばしのパリ気分を味わせていただきました。

以前に「マシュマロは幸せなお菓子」と書いたことがありますが、
「マカロン」の幸せ度も肩を並べますね。
食べながら思わずニッコリでした。

| ごちそうさま! | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シナモンロールマウンテン風

フィンランドやデンマークで感じたこと。
コーヒーのお供は、ケーキではなくデニッシュパンということ。
    IMG_0274-1.jpg
マウンテンも真似をして、パンの日を作ることにしました。

パンと言えば強い味方、スウィーツチームの山脇さん登場です。
お願いして、マウンテンオリジナルのシナモンロールを作って
いただきました。
    IMG_0862-1.jpg
お菓子感覚で食べられるように、ちょっと甘めの砂糖衣で飾り、
シナモンは黒砂糖にあわせて巻き込みました。

シナモンロールは明日と次の水曜日。
12月からは第2・第4水曜日の恒例メニューとなります。
北欧気分で召し上がれ!!

| マウンテンのスウィーツ | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フレンチで親しむハーブティー

緑色だった木々もやっと紅葉しかかってきた今日、アロマセラピストの
橋本良枝さんをお迎えして「フレンチとハーブを楽しむ会」を開催
しました。

ハーブをふんだんに使ったおいしいお料理とこの日のために特別に
ブレンドしてくださった3種類のハーブティー(レモングラスジン
ジャー・マルベリーダイエット・アップルシナモン)を楽しみながら、
楽しく、ためになるお話にホッコリ。
橋本さんからのお土産もいただいて満足。
みなさんの楽しげな様子をお伝えします。

軽妙な語り口の橋本さん     熱心に耳を傾けるみなさん
IMG_0816-1.jpg IMG_0843-1.jpg
おいしいと笑顔になります    みんなで記念撮影
IMG_0835-1.jpg IMG_0856-1.jpg
次回の一日講座は2009年の4月ごろ。また、3回講座は5月22日
スタートです。
ハンドマッサージ、カラーセラピー、マイブレンド…楽しい企画を計画中。
詳細につきましてはあらためてお知らせします。どうぞお楽しみに! 

| 今日の出来事 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恋焦がれたお弁当

ずっとずっと、ずーっと前から好きだった本「四季の味」。
名編集長の森須滋郎さんの教養とウイットに富んだ文章が大好き
でした。
若いときには、随分と背伸びしないとその内容にはついていけ
なかったのでした。

昭和57年10月に発行されたその「四季の味」に、「こんな
お弁当、ご用意できます」という特集があり、取り上げられて
いたのがこのお店。
「菱岩」 さすが老舗の仕出し屋さん、とうならせる美しい料理
とそれを解説する名文章。ぐさっと心につきささりました。

食べてみたいと思いつつ、実現せずに25年。
それが、今日ひょんなことから、「菱岩のお弁当を買うけれど
一緒に買ってきてあげようか」というありがたいおことば。
もう即効おねがいしました。

とどけられたお弁当。ワクワクしながら包みを開けると、見事に
キレイ。言うまでも無く味もピカイチ。積年の願いがかなった
うれしい日でした。
   IMG_0790.jpg IMG_0791.jpg
<内容>
 さわらの付け焼き、合鴨ロース、海老シンジョウの松風焼き
 子持ち鮎の甘露煮、八幡巻き、さいまき海老の塩茹で、鶏の
 つくね、かぶらのサーモン巻き、だし巻き卵、銀杏酒煎り、
 もみじ人参、炊き合わせ(かぼちゃ、小芋の上に柚子皮の繊
 金時人参、きぬさや、生麩)、焼き目栗、菊花かぶ、末広
 きゅうり、大根と人参の胡麻酢和え、そして鯛の笹寿司に
 切りご飯と香のもの。

 以上、冷めているからこそおいしい20種類のお料理に
 2種類のご飯。
 生もの抜きでこの豊富なバラエティー。お見事でした。
 

| ごちそうさま! | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新メンバー

マウンテンのスィーツチームに新しいメンバーが加わって下さいました。
その人の名は、「山脇ひとみ」さん。

山脇さんは、ここ高槻で、「COUNTRY EYES」(パン教室・トール
ペイント教室・焼き菓子工房)を主宰されていらっしゃる、ステキな女性の
方です。

お顔の写真を、とお願いしたら「恥ずかしいからダメ」と断られ、それじゃ
手の写真を、と言うと「しわくちゃだからダメ」と断られてしまいました。
残念!
山脇さんの手は、その手で作られるパンやお菓子はきっとおいしいだろうな
と思わせる、働き者の職人さんの手なのです。みなさんにぜひご紹介した
かったです。

明日金曜日のカフェでは、山脇さんの「スィートポテトのタルト」をお召し
あがりいただけます。
     CIMG4470.jpg
さくさくのタルト生地にたっぷりのスィートポテトを詰めて焼いた、素直に
おいしいケーキです。みなさん、お越し下さい!

| マウンテンのスウィーツ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

自転車降りてねキャンペーン

「自転車を降りて、押して歩こう」キャンペーン
     IMG_0788.jpg
  商店街の理事長さんです。ご苦労様です!

実際、年に数回、転倒事故があります。
大きな事故になる前に、みなさんも是非ご協力のほど
よろしくお願いします。

しかし、アーケードなのにどうしてみんな自転車に乗る
んだろう?
よく考えると、押して歩きながら見たいお店がないと
いうことなんですね。

マウンテンも含めて、商店街のそれぞれの店がもっと
魅力的になったら、もっと必要とされる店になったら、
みなさんも押しながら歩いてくださるのではないかな、
と思うのです。

お願いするとともに、自分たちの店のあり方についても
考えていかなければ解決しない問題です。

| 今日の出来事 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アドベントカレンダー

うれしいいただきもの!「アドベントカレンダー」です。
IMG_0784.jpg IMG_0785.jpg
     (アドベントカレンダーって何?
      昨年のブログを見て下さい)
うれしくてうれしくて、お客様に見せびらかしてしまいました。
ちょうどエミさんもいたので、「エミさんが来てくれる金・土・月
曜日の日は開けさせてあげるね。」「ヤッター!」なんて会話を
しながら早くも、楽しんでいます。

アドベントがスタートする12月1日が楽しみ。
そして、ゴールの24日までの毎日が楽しみ。

昨年に続き、ロングの楽しみをくださったプレゼントの達人に
感謝!です。

| 今日の出来事 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BEAR CAKE

おみやげ!といただいたお菓子。
くまちゃんの形をしたふわふわケーキです。
焼き加減で一つ一つ微妙に顔が違います。
うしろにもくまの顔の焼き型がついています。
整列して、立たせて記念撮影。
IMG_0770.jpg IMG_0774.jpg IMG_0765.jpg
なんだか中国の兵馬俑みたいに写りました。

おすそ分けをすると、ほとんどのひとは頭からがぶり。
両足を持って縦に半分に裂いて食べた人もいましたよ。
洋風の人形焼みたい。ほんわかやさしい味でした。

神戸のそごうで開催されていた「はなまるマーケット・
おめざフェア」で買ってきてくださいました。
たしか、このベアケーキはいつもすごい行列のお店。
聞くとかなり長い時間並ばれたとか。
ありがとうございます。お相伴にあずかります。

| ごちそうさま! | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エミさん

見て下さい。この100点満点の笑顔!
  IMG_0733.jpg IMG_0734.jpg
     「エミさん」です
11月から、マウンテンを手伝ってくださることになりました。

きのうは中学生の手伝い、今日は高校生?とお客様に言われ、
違いますよ、と答えたら、そしたら中学生?なんて言われていた
エミさんです。
そのとおり、すごくかわいくてチャーミングな女性です。

本当の年は? 内緒、内緒。 本人に聞いて下さい。

エミさんは、当分のあいだ金・土・月曜日に来てくれます。
みなさん、とびっきりの笑顔に会いに来て下さい!

| お知らせ | 23:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな店員さん 2007年

今年も中学生の「職場体験」で、マウンテンに中学生の女の子2人が
やってきました。
名前は、アンちゃんとマリちゃん。大歓迎です。
IMG_0749.jpg IMG_0761.jpg IMG_0762.jpg

でも、マウンテンは、2人をお客様扱いはしません。アルバイトに来た人と
同じように、接しました。
だから、髪の毛や爪、身だしなみにうるさく言いました。
「おはようございます」、「いらっしゃいませ」、「はい」などきちんと
大きな声で言うように言いました。
にっこり笑って、目を見て返事をするよう言いました。
朝は早くから、夕方も他のところに行った人たちよりも遅かったかもしれません。
しんどかったかな?

せっかく、マウンテンにきてくれたのだから、仕事のきびしさ、楽しさ、
お客様のやさしさなど、ちょっとでも感じてほしかったからなるべく
私たちと同じ事をしてもらいました。

私たちが、真剣に、でも楽しく仕事をしていることが少しでも伝わったなら
うれしいです。

大人たちは、みんな暖かい目であなたたちを見守っています。
いろんなことにどんどんチャレンジしていってください!

| 今日の出来事 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7日目・8日目

夕べは、オペラの余韻にひたりつつ夜更かし。
ちょっと眠たい顔でおはよう!
さあ、帰りのしたくをしよう。

チェックアウトをして(快適なホテルでした。ありがとう!)中央駅まで
ガラガラとスーツケースをひっぱって、電車に乗り、空港へ。
すべての場所がわかりやすいので、実にスムーズに動くことができます。
飛行機も無事チェックイン。
コペンハーゲン発12:30。ヘルシンキで乗り継いで、17:20発の
飛行機で関空に帰ります。
IMG_0635-1.jpg IMG_0665-1.jpg
帰るのいや?
     IMG_0646-1.jpg
いいえ、ちっとも。行く前も楽し、行ってるのも楽し。帰るのも楽し。
帰ったら、皆さんにお伝えしたいことがいっぱいあって、ムズムズしてます。

コペンハーゲンの空港は見るところがいっぱい。
ユニークなカート。デンマークはレゴの国。となかい見ーっけ!
IMG_0637-1.jpg IMG_0640-1.jpg IMG_0662-1.jpg
ヘルシンキを出発したのが、火曜日の17時20分。関空までの飛行時間は
約10時間なので、ヘルシンキ時間は、27時20分です。
そして、時差が6時間。行きは遅らせたので帰ってきたら進めます。なので、
プラス6時間。結果、33時20分。つまり関空では、翌水曜日の9時20分と
いうことになります。
帰りも快適なフライト。水曜日の9時20分、無事に関空に到着しました。
IMG_0672-1.jpg IMG_0730.jpg
帰りもバス。でも出たばっかり。じゃあ、お茶でも飲んで待とうか、と、
すっかり北欧モード。のんびり関空で時間を過ごし、これまた、バスも
渋滞していたので、ゆっくり茨木に到着。
ただいま!と家に着いたのは、12時。
みなさんは、今日はお風呂にゆっくりつかって疲れを取ってください。
マウンテンは、一息ついたら、明日の開店のための準備と豆焼きをします。

あ~、いい旅行でした。満足、満足!
みなさんもおつかれさまでした。楽しんでいただけました?

もしヘルシンキ・コペンハーゲンに行かれるならば、ぜひ声を掛けて下さい。
ちょっとしたコツ、ホットな情報をお伝えします。

<おまけ・勝手に思ったことなど>
・いつでもどこでもカフェ。だから、コーヒーの消費量もすごいのだ。
・コーヒーの味は?日本と変わらない。でも、日本のほうが丁寧。
・空が広い・空気がきれい・水が安全。
・清潔で安全な街。
・干渉しすぎず、でも聞くと親切。(日本人と似てるかも)
・大人の国という印象。
・人が少ない。
・ゆっくりしているけれどルーズではない。
・自給自足。経済が回っている。
・自販機がなく、景観が良い。
・日曜休み、夜は閉まる。メリハリのある生活。
・こどもがカワイイ。親はしっかり手をつないでいる。
・ムーミンは冬眠してました。
・フィンエアーはシンプルだけど、快適。
・どこの店も、レジ袋は有料。みんなマイバッグ。
・「かもめ食堂」のDVDを見ると、よみがえる。
・黒い服を着ている人が多い。ブロンズのヘアーによく映える。
・お肌は要乾燥注意!
・チップはいらない。公平ですね。
・木をふんだんに使ったデザインのトイレが多く、どこもきれい。
・ノキアのお膝元なのに、携帯している人はすくない。
・ガラス・スチール・木・白い壁…デザインがすばらしい。
・ユーロ・クローネが高く、物価も高く、税金も高い。
・フィンランドは素朴、デンマークはオシャレ。
・フィンランドは針葉樹の森、デンマークは農場、海の色も違います。
・コーヒーのお供はケーキではなく、デニッシュ。
・サルミアッキはすごかった。

| お出かけ | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6日目

コンサートなどの情報は、「COPENHAGEN THIS WEEK」という情報誌を
入手して。
     CIMG4451.jpg
オペラハウスに行きたいなと思っていたら、ちょうど今日、オペラ「ラ・ボエーム」が
かかります。
よっしゃ、これこれ。
チケットは王立劇場のチケットオフィスで買うことが出来るので、12時30分に
行ったら、なんと昼休み。しかも開くのは2時。
え~、ショック。
ま、しゃあないね、と気持ちを切り替え、デパ地下を冷やかして時間つぶし。
で、再度チャレンジ。いつものむちゃくちゃ英語でも、思うとおりのチケットが
手に入りました。やったね!
IMG_0545-1.jpg IMG_0566-1.jpg
開園は夜8時。それまでゆっくりと過ごそう。

今日は、観光地になっていない地域をそぞろ歩き。
街で出合ったいろいろな風景に、顔がほころびます。
IMG_0512-1.jpg IMG_0525-1.jpg
IMG_0526-1.jpg IMG_0537-1.jpg
IMG_0522-1.jpg IMG_0347-1.jpg IMG_0540-1.jpg
お昼ごはんは、「ニシンのビュッフェ」。
IMG_0559-1.jpg IMG_0565-1.jpg
スモークにマリネ、クリームやトマトやカレー味の煮込みなどなど、いろんな
調理法のニシンがいただけます。
お天気はいいし、景色はいいし、人は少ないし、ニシンはおいしいし…
あぁ~、しあわせ。

午後は、水上バスで移動。
     IMG_0570-1.jpg
まずは、通称「ブラック・ダイアモンド」と呼ばれる王立図書館。
IMG_0574-1.jpg IMG_0575-1.jpg IMG_0577-1.jpg
斬新なデザインで、ハイテクな図書館です。しかし、中に入ると、昔のままの
木造の閲覧室があったりして、気持ちが落ち着きます。
新しいところには古いもの、古いところには新しいものを持ってくる
このバランス感覚が素晴らしい。
もちろんここにも立派なレストランも、カフェもあり、みんなゆったりと
過ごしています。なんともうらやましい環境です。

「人魚姫の像」は、世界3大がっかり名所とか。
     IMG_0595-1.jpg
覚悟していたけれど、周りのロケーションが気持ちよく、結構いいじゃない、
という感想。

さて、本日のメインイベント。オペラです。
IMG_0571-1.jpg IMG_0612-1.jpg IMG_0623-1.jpg
オペラハウスには、水上バスで行きます。これが非日常的でうれしい。
少し早かったので、ゆっくりと人々鑑賞。
オペラハウスはガラス張り。そこには、フルコースが食べられるレストランや
バー、カフェなどがあります。
たくさんの着飾った人たちが、3時間も前からやってきて、食事やお酒を楽しみ、
開園を待っています。とても華やかな風景。
もちろん幕間にも、シャンパンやワインを飲みながら、談笑。
今日は月曜!なのにこの余裕。大人の楽しみを知っているんだな、この国の人たちは。
オペラももちろん良かったけれど、それよりもこの雰囲気が心に残りました。
オペラがはねた後も人々はあわてず、騒がず。気持ちよくスムーズに帰ることが
できました。なんとも気持ちの良いこと。

ちょっと興奮!だいぶ感動!。いい気分でコペンハーゲン最後の夜が終わりました。

| お出かけ | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5日目

清潔で気持ちいい朝食レストラン。さすがデンマーク、チーズがとてもおいしい。
しっかり朝ごはんを食べて一日のスタートです。
IMG_0392-1.jpg
夕べは土曜日で街はずいぶん遅くまでにぎわっていましたが、今日は日曜。
静かな朝です。
今日のメインは、郊外にあるバージニア近代アート美術館。評判がいいので楽しみ。
その前に少し街歩き。おいしい空気を吸って、さあ歩くよ!

「エステート・コーヒー」一昨年のバリスタチャンピオンのお店です。
店員さんがていねいにカプチーノを作ってくれました。
IMG_0399-1.jpg IMG_0407-1.jpg
IMG_0413-1.jpg IMG_0415-1.jpg IMG_0416-1.jpg
正午には宮殿を警備している近衛兵の交代式があります。
離宮の庭は美しい緑。
IMG_0429-1.jpg IMG_0434-1.jpg IMG_0435-1.jpg
世界中でもここだけとか、スロープで登る塔。昔は馬でかけあがっていたらしい。
屋上からはコペンハーゲンの街が一望できます。
コペンハーゲンでは、条例で市役所の塔より高い建物は建てられません。
また、古い建物も壊すことができないため、とても美しい景観が残っています。
バレッソコーヒー。お隣の国スウェーデンのチェーン店です。
IMG_0436-1.jpg IMG_0443-1.jpg IMG_0446-1.jpg
バージニア美術館までは郊外列車に乗ります。
切符の買い方がわからない。ええーい、当たって砕けろ!
「アイ、ウオント、ゴー、トウ、ザ、バージニアミュージアム」無茶苦茶な英語。
「OK!ワンウエイ?」「ノー。リターン」と答えると、手渡された切符とチケット。
往復の電車の切符と美術館の入場券をセットにしてくれました。しかも割引で。
一生懸命やってみると通じるものですね。
フィンランドもそうですが、デンマークでも改札口がありません。
無賃乗車はできますが、見つかると罰金がすごいらしい。個人責任の社会です。
快適な列車。自転車やバギー、車椅子はそのまま乗ることができる広い専用
車両があります。
IMG_0455-1.jpg IMG_0489-1.jpg
駅から美術館までは、キレイな町並みを歩いて10分。こんな家に住んでみたいと
思うような素敵な家が続きます。
IMG_0460-1.jpg IMG_0465-1.jpg
さて、着きました。入り口はなんだか人の家のような小さな入り口。
でも、チラッと見える「ルイ・ボールセンの照明」これはただものではない予感。
一歩入ると…やっぱり!小さな家と思っていたらそれは入り口だけ。
広大な敷地は丘になっていて、向こうに広々とした海が見えます。
キレイに手入れされた庭には、アート作品がたくさんあり、その庭を囲むように
展示ルームが作られています。
IMG_0469-1.jpg IMG_0473-1.jpg IMG_0474-1.jpg
IMG_0477-1.jpg IMG_0480-1.jpg IMG_0485-1.jpg
ガラス張りの廊下を歩きながら、たくさんの作品をゆっくり見ていきます。
疲れたら、海を望むカフェで一休み。子供たちは芝生の斜面ではしゃいでいます。
白い壁、効果的な照明、清潔な木の床、青い海、開けた眺望、手入れされた緑、
芸術をこんなにゆったりとした環境で見れるなんて、すばらしいです。
ここに来れてよかった!
夕焼けの中、バージニア美術館を後にして、帰ってきた市内の街は夕べと
うってかわって静か。ほとんどの店は閉まっています。
そう、日曜日は休み。こちらに旅行されるときは気をつけてね!
開いているのは中華レストランばっかり。で、本日は中華となりました。
明日は最後の日、オペラかバレーを見たいね!
今晩はイベント雑誌をチェックしながら…おやすみなさい。

| お出かけ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4日目

おはよう!ただいま5:30。外はまだ真っ暗。今日はコペンハーゲンに移動。
     IMG_0257-1.jpg
飛行機は9:30発なので、7:00の空港バスに乗ります。
IMG_0271-1.jpg IMG_0283-1.jpg IMG_0290-1.jpg
朝ごはんは空港内のロバーツ・コーヒーにて。シナモンロールとコーヒー。
いずれも「ありがとう!」キートス(フィンランド語)・タック(デンマーク語)
タラップをあがるなんて、ちょっとしたVIP気分です。

1時間30分でデンマーク到着。コペンハーゲンまで電車で20分。
ホテルは駅から徒歩5分の好立地。
スーツケースを放り込んだらすぐに街歩きへ、ゴー!

ホテルから見所満載の旧市街地までは一本の大通り。途中「チボリ公園」があります。
夏とクリスマスしか開いていないということだったので、あきらめていたけれど、
ハローウィーンのイベントで、開園中。ラッキー!
これは入園せずにはおられない。
IMG_0307-1.jpg IMG_0309-1.jpg
IMG_0317-1.jpg IMG_0318-1.jpg IMG_0306-1.jpg
中はかぼちゃがいっぱい。楽しいディスプレーにワクワク。
絶叫マシンに乗り、ソフトクリームも食べて、とりあえず、一度出ることに。
腕にスタンプをポン!これで何度でも出入り自由です。
夜まで街を見学。
IMG_0325-1.jpg IMG_0327-1.jpg IMG_0334-1.jpg
カフェ・ヨーロッパ(世界バリスタ選手権の初代チャンピオンのお店)
ロイヤルコペンハーゲン本店。
大道芸人と記念撮影。
ボダムのショールーム。
IMG_0337-1.jpg IMG_0339-1.jpg
IMG_0340-1.jpg IMG_0349-1.jpg
ここは、ニューハウンというところ。デンマーク旅行のパンフレットには
必ず登場していますね。運河が入り込んでいて、船が停泊しています。
船人相手の居酒屋やレストランで栄えたところで、今でもたくさんの観光客で
にぎわいを見せています。
高槻も負けそうな自転車たち。(でも、こちらはちゃんと自転車専用道路がある)
さあ、日も暮れてきましたよ。夜のチボリへ行きましょう。
IMG_0389-1.jpg IMG_0375-1.jpg
IMG_0371-1.jpg IMG_0386-1.jpg
昼とは違ったきれいさ。子供たちも楽しそう。
今日の晩ごはんはここで。
IMG_0359-1.jpg IMG_0362-1.jpg IMG_0360-1.jpg

ビールのブルワリーがあり、地ビールを飲みながら食事ができます。
遊園地にちゃんと本格的に大人が楽しめるレストランがあるなんて、
なんとうらやましいこと。
ちなみに有名なカールスバーグはここデンマークが誇るビール。
ツボルグも同じ工場で作られています。
ただし、発音は、カールスベア、ツボーと言います。

ほろ酔い加減で、コペンハーゲンの愉快な夜が更けていく。

| お出かけ | 23:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

3日目

「ソビエト連邦の崩壊の呼び水になったバルト3国の独立。
その中で一番北に位置するのが、エストニア。
首都はタリン。中世の町並みがそのまま残っており、世界遺産
にも登録されている美しい古都。」
    IMG_0199-1.jpg
この文章と美しい写真が気にいり、タリンへ日帰り旅行です。

ヘルシンキから高速艇で1時間30分。フェリーもたくさん
でています。
昨日予約してもらった船会社は、スーパー・シー・キャット。
行きは10:30発、帰りは15:50発。タリンに約4時間
いることができます。 

パスポートを忘れずに、ホテルを出発。
昨日歩いたキレイな通りを歩き、15分でターミナルに到着。
  IMG_0188-1.jpg IMG_0191-1.jpg 
結構たくさんの人。人気の街のようです。
  IMG_0197-1.jpg 20071103014943.jpg
税関を通り、船に乗り、快適な船旅。1時間30分。

着きました。世界遺産の街・タリンです。
港から尖塔や教会のような建物が見えます。
    IMG_0201-1.jpg
城壁に囲まれた旧市街まで、歩いて10分。
近づくにつれ、徐々に見えてくる石造りの建物。
期待で心が躍り、つい早足になります。

門をくぐり城壁の中に入ると、いいじゃない!
IMG_0203-1.jpg IMG_0211-1.jpg IMG_0215-1.jpg
さあ、4時間のタイムスリップの街歩きです。
ほかほかのローストアーモンドがおいしい。
IMG_0206-1.jpg IMG_0210-1.jpg IMG_0212-1.jpg
教会ではちょうど結婚式。
展望台からの景色はまるで絵葉書のよう。
木工職人になるためのこどもの学校「ギルド」。
IMG_0217-1.jpg IMG_0224-1.jpg IMG_0232-1.jpg
空が抜けて気持ちのいい広場。
遅い昼ごはんは「ヘスバーガー」で。
  IMG_0231-1.jpg IMG_0235-1.jpg
タリンはヘルシンキよりも物価が安いので、帰りはビールやら
お酒を買い込んでいる人が多い。いずこも同じ。
マウンテンが買ったお土産は、200年続いているというところの
チョコ。売り子のおばあちゃんがチャーミングでした。

時間が過ぎ、早や帰りの時間。
船の中では爆睡。あっという間にヘルシンキに到着しました。

晩ごはんまでは時間があるので、トラム(路面電車)に乗ることに。
トラムの切符は1時間以内なら乗り降り自由。その切符で
バスや地下鉄にも乗ることが出来ます。
約1時間、ガタゴト揺られ、暮れかかるヘルシンキの街を車窓から
見物しました。
     IMG_0246-1.jpg
今日の晩ごはんはホテル内のスペインレストランに決定。
ボリューム満点のフィンランド風スペイン料理。満足です。
     IMG_0253-1.jpg
明日はもうデンマークに出発。朝が早いので今晩じゅうに
荷物をまとめておきましょう。
5時30分起床。おやすみなさい。

| お出かけ | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2日目

おはよう!夕べはぐっすり。今朝はさわやかな目覚めです。
お腹ペコペコ、まずは朝食。ゆったりした朝は気分がよろし。
気合十分、さあどこへ行こうか?

完全にフリーの旅なのでのんびりスタート。計画もアバウト。
とりあえず、今日はヘルシンキの街歩き。明日はエストニアの
タリンに行く予定です。

<街歩きの前にフィンランドについて学習>
 面積…338,000k㎡ 人口…約526万人 通貨…ユーロ 
 首都…ヘルシンキ
 公用語…フィンランド語・スウェーデン語(二重表記になってます)
       でも当たり前に英語が通じる
 時差…7時間(サマータイムは6時間)
 有名なもの…キシリトール・サウナ・NOKIA・marimekko・iittala
有名なひと…シベリウス・アアルト・サンタクロース・ムーミン
 主な一等賞…学力・水質・図書館利用率・環境持続力・反汚職指数
          国民一人当たりのコーヒー消費量・キャンドル消費量

さあ、街歩き開始。寒いだろうと覚悟してきたけれど、大丈夫、楽勝です。

まずは、明日のタリンへの高速艇のチケットの確保。ヘルシンキ中央駅の
観光案内所で予約してもらいます。
片言英語・指さし会話でも通じたよ。エッへん!

中央駅から歩いて3分、メインストリートのエスプラナーデ通りへ。
IMG_0123-1.jpg IMG_0133-1.jpg IMG_0134-1.jpg
ストックマンデパート・マリメッコ・アーリッカ・イッタラ・アルテック・サヴォイ…
フィンランドのブランドがすべて揃っています。
でも、人通りが少なくの~びり。そらは青いし、公園の緑はキレイし、
空気はおいしい、言うことなし。

海沿いの道まで行くと、マーケット広場が見えます。
夏や日曜はにぎやからしいのですが、さすがに平日、お店はちらほら。
近くには屋内マーケットもあり、こちらはにぎやかです。一軒一軒見て歩くのが
楽しい。
IMG_0139-1.jpg IMG_0195.jpg IMG_0143-1.jpg
IMG_0148-1.jpg IMG_0150-1.jpg IMG_0149-1.jpg

プラプラと歩いて、ヘルシンキ大聖堂見学、カフェエンジェルでお茶。
IMG_0151-1.jpg IMG_0152-1.jpg IMG_0160-1.jpg

自分にお土産を買って、スーパーをのぞいたら、目指すは「カハヴィラ・スオミ」
映画「かもめ食堂」の舞台となったところです。あった、あった!「かもめ食堂」。
IMG_0165-1.jpg IMG_0169A.jpg IMG_0173.jpg
日本人観光客もいたけれど、地元の人も日常的に利用する繁盛店のようです。
お店の人も感じよく、おいしくランチしました。

次は、トラム(路面電車)に乗って、郊外にあるアラビアファクトリーへ。
博物館を見学して、ショップで買い物。外側は古い建物ですが、中は大変オシャレ。
シンプルモダンにデザインされた内装はさ・す・がです。
IMG_0181-1.jpg IMG_0183-1.jpg
街に帰ってきて、デパ地下探検。コーヒー豆をゲット。
最後は、夜の教会。自然の岩をくり貫いて作られたという教会は、夜という
こともあって幻想的。中で何やら難しそうな劇をされています。
  IMG_0184.jpg
今日の晩御飯はちょっとオシャレにレストラン。サーモンがおいしい!
  IMG_0185-1.jpg
夜はテレビ観賞。地元のテレビに加えて、アメリカの番組が頻繁に、日本の
NHKもやってます。

明日は船に乗りますよ。体調を整えて、おやすみなさい!

| お出かけ | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。