マウンテン通信

大阪府高槻市にある、自家焙煎コーヒーとオリジナルハーブティーの店マウンテンのブログです。楽しくハッピーな日々を綴りました。

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

がんばれ!いぶチャン

マウンテンの近所に評判のよい和食屋さんがあります。
そこで開店当初から6年間働いていた料理人の「いぶチャン」が、
今日をもってやめられます。

ひょうひょうとした風貌と絶妙なはずしの受け答えがバツグンで、
マウンテンはいぶチャンのファンでした。
お家の手伝いをされるとか、きっといい料理人になられることでしょう。

さみしくなるけど、人生の節目をこころから激励します。
がんばれ!  いぶチャン。

おまけ…ちゃんとした和食屋さんなのにこんなメニューもあるのが
      うれしいお店。「砂ずりともやしのにんにく炒め」
    
      ナマでも食べれる砂ずりに、刺身包丁で格子目が入れられてい
      ます。さすが、プロ。
      イサキのお造りも空豆のかきあげもグッド。シメは納豆炒飯で
      う~ん満足でした。 
        Image034.jpg
スポンサーサイト

| 今日の出来事 | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水出しアイスコーヒー

ジャーン! 水出しアイスコーヒーの道具です。
    CIMG3131.jpg CIMG3138.jpg
昨年までは、喫茶コーナーのカウンターに置いていましたが、今年から
店の一番前、ガラス越しに、道行く人にも見えるところに置きました。
台数も一台増やし、3台になりました。これからの季節、毎日大活躍!

6時間かけて、一滴一滴水を落としてつくる水出しコーヒーは、究極の
おいしさと言われます。
(一滴一滴落ちる様子を、みなさん点滴みたいとおっしゃいますが、
 先日ちいさい子が、水時計みたいと言ってくれました。さすが子供!
 夢がある)
 
マウンテンでは、そのままアイスコーヒーにておだししています。
お湯でドリップしたアイスコーヒーはさっぱり香ばしい味ですが、
水出しアイスコーヒーは、まったりフルーティーなおいしさです。
店の喫茶コーナーで、また、1リットルボトルのお持ち帰りもOKです。
    CIMG3140.jpg
このおいしさは見逃せませんよ!

| コーヒー&紅茶の話 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空クジなし

今週の週末、6月2日(土)・3日(日)に芥川商店街の東側入り口にて、
野村不動産さんが、住宅の宣伝の一環として、抽選会をされます。
何でも、今城町で戸建住宅の販売をされるそうで(かなり大きい)、その宣伝の
第一弾に、芥川商店街を選ばれました。

うれしいことに誰でも参加できて、しかも空クジなし。
で、ここから重要。
商品の1つに「芥川商店街の商品券1000円」というものもあるそうです。
ということは、芥川商店街だけで使える金券なので、よそでは使えません。
有効期限は7月末のようです。
ということは、その1000円は、商店街で有効に利用しなくてはなりません!
このブログをお読みのアナタ。その金券をぜひゲットして、マウンテンでハッピーに
使っちゃいましょう!
見事ゲットされた方はこのブログにコメントしてください。

(HPよりデータ拝借しました)
map.jpg untitled.jpg

| お知らせ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏みかん丸漬け

ずっしり重たい真四角の箱をいただきました。萩のお土産です。
萩と言えば、いわずと知れた夏みかん。箱には、「夏みかんの丸漬け」
とあります。
 CIMG2975.jpg CIMG3051.jpg CIMG3056.jpg
小さく切って食べたらおいしいよ、というアドバイスのとおり、小さく
切っていただきました。
丸ごとの夏みかんの中身をくりぬき、羊羹を流し固めているようです。

上品な甘さ、夏みかんのほろ苦さ、おいしいお菓子です。

あらためて成分表示を見てみると、「夏みかん、白小豆、寒天、さとう」と
あります。「白小豆」は高級和菓子の白あんの材料なのです。
どうりでおいしいわけです。

以下、元京都の老舗和菓子店で働いていらっしゃた方からお聞きした話。
 白小豆はデリケートで栽培が難しく、高価で貴重な豆なのです。
 通常、白あんには「手亡」(白いんげん)が使われることが多い
 のですが、高級和菓子には、さっぱりとした風味と舌触りのよい
 白小豆が使われるのです。

「おいしいものには訳がある」のでした。

| ごちそうさま! | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイスの季節

もうすぐ6月。アイスコーヒーの季節がやってきました。昨年、オリジナルのアイスコーヒーの
パッケージを作りましたが、今年はさらにパワーアップ。6本入りの段ボール箱を作りました。
かわいくできた!と大満足。
 CIMG2849.jpg CIMG3104.jpg CIMG3099.jpg
運送屋さん、いつも重たいものをはこんでくれてありがとう!今年もお世話になります。

3本箱・6本箱・12本箱を用意しています。ご自宅用に、ギフト用にどうぞご利用ください!

| お知らせ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七味いろいろ

国産の材料のみを使用し、包材にもこだわりを持っているという
堺の「やまつ辻田」の柚七味をいただきました。
  CIMG3084.jpg
パッケージがとてもかわいい。色もいいし、絵柄も寶尽くしでおめでたい!

暖かいそばにふりかけていただきました。柚子の香りとゴマの風味が
よく効いていて、上等なそばになりました。ちょうどお豆腐もあったので
ふりかけて冷奴で食べましたが、これも○でした。
上品な七味なので、そばよりもうどん、うどんよりもにゅうめんなどに
あいそうです。
  CIMG3091.jpg
我が家ではもっぱら、京都祇園の原了郭の黒七味でした。これは、ピリッと
刺激的なので、このはんなりとした柚七味が加わったおかげで、つるつる系
のメニューの楽しみが増えました。
 CIMG3094.jpg CIMG3095.jpg
オマケの写真は、長野善光寺の「八幡屋磯五郎」のもの。きらびやかな缶が
魅力的です。よく見るとこの唐辛子、Hot Pepperみたいですね。

個性的なパッケージは、見ているだけで楽しいです。

せっかくだから七味について調べてみました。

1943年ごろ、コロンブスがアメリカ大陸を発見したとき、チリの
インディオが痙攣や下痢の薬として使っていた唐辛子を見つけ、
スペインに持ち帰って広まったとか。

日本には、スペインから「漢方薬」として入りました。それを食に利用でき
ないかと考えたのが、江戸やげん堀の「からしや徳右衛門」。
後の日本三大七味の1つ「やげん堀唐辛子」の始まり。

七味(赤唐辛子(焙煎・乾燥)、山椒、陳皮、ごま、麻の実、けしの実)は
すべて風邪に効能があり、当時の江戸庶民に好まれた食べ物である「蕎麦」に
唐辛子をいれ発汗作用を促し、風邪をやっつけたそうです。
(現在も蕎麦についてくるねぎやわさび、大根おろしなどを薬味というのは
ここからきているとか)

ちなみに、日本三大七味は
  ・東京浅草寺「やげん堀唐辛子」 1625年
  ・京都清水寺「七味屋本舗」1655年
  ・長野善光寺「八幡屋磯五郎」1720年   だそうです。

「七」を関西では「ひち」、関東では「しち」と発音するのはご存知の通り。
パソコンで「ひちみ」と打っても「七味」には変換してくれませんので
念のため。

| ごちそうさま! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シークレット・ライブ

5月5日にアップした、ローリーさんのライブのDVDを、とあるところで
見せていただきました。
実は、ローリーさんの演奏を見るのは初めて。ワクワク。

ローリーさん登場。ギターをジャン。

ウワー、ローリーさんかっこいい!
ギターがばつぐんにウマイ!
そして、しゃべりがおもしろい! ←これは大阪人には必要不可欠な要素。
いっぺんにファンになってしまいました。

この日のライブには、東京からの追っかけの方もいらっしゃったそうです。
なるほど、うなずけます。

ローリーさんのシークレットライブ、また8月くらいにあるかもしれないとか。
ファンの方は楽しみですね。

| 今日の出来事 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シガー?

  CIMG3085.jpg
あれ~、マウンテンは禁煙なのに…。
実はこれ、京名物八ツ橋です。味はなんとコーヒー味。

 CIMG3077.jpg
京都に遊びに行かれたお客様が、聖護院八ツ橋のお店で見つけられて、
買ってきてくださいました。

さっそくいただいてみました。シナモンの香りが効いてしっかりとした
歯ごたえ。
ボリッと一口めでは、シナモンばかりが気になりますが、ボリッと二口め
から、コーヒーの存在が出てきます。
ボリッボリッと食べ終わって、歯にひっついたのが溶けてきたころが、
一番コーヒーらしい味でした。

まるで細巻きのシガーのような姿がおもしろく、ちょっとポーズをつけて
みました。

ちなみに、八ツ橋は、箏曲八橋流の創始者八橋検校にちなみ、箏の形に
仕立てた堅焼煎餅が始まりだそうです。

| ごちそうさま! | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツタンカーメンのえんどう豆

1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーターにより、ツタンカーメン
の墓が発掘され、有名な「黄金のマスク」とともに副葬品の中から、
えんどう豆が発見されました。

古代エジプト人が食べたであろうその豆を持ち帰ったカーター氏は、
発芽、栽培に成功しました。

時空を超えてよみがえったツタンカーメンのえんどう豆は、数国にわたり、
栽培が続けられ、日本には1956年、アメリカから水戸に送られ、その後
主として小学校や教育センターを介して広がりました。

その珍しい豆をいただきました。

さやの色は紫っぽい黄緑色、中の豆は普通のものとあまり変わりません。
 CIMG2998.jpg CIMG3003.jpg
豆ごはんにしました。

炊き上がりは普通の豆ごはん。ここからがおもしろい。
このまま12時間保温します。夜炊いておき、朝ふたを開けると、
なんとびっくり。あ~ら不思議!見事な赤飯になっています。
 CIMG3010.jpg CIMG3015.jpg
ツタンカーメンの話、真偽のほどはわからないらしいのですが、紫色に
変化するえんどう豆があるのは確か。

信じればワクワク! 信じればロマンティック!

| ごちそうさま! | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2等賞

マウンテンのご近所にある大阪ガスサービスショップの
㈱ リプラスさんが創業25周年のイベントをされます。

とき…5月19日(土)・20日(日)
ところ…リプラス芥川ショールーム・アクトアモーレ2F

イベントのお楽しみとして、抽選会をされます。
1等は、神戸牛極上サーロインステーキ200g2枚←魅力的!
2等は、なんとなんと、
    マウンテンのコーヒーセット←ヒュー、ヒュー!
    (コーヒー豆付き。すぐにコーヒーが飲めます)
    (賞品に選んでいただきました。ありがたいです。)
       CIMG3036.jpg
3等は、あじさい鉢植え
その他4等、5等、末等までバラエティーにとんだ賞品が満載。
 
ガスに関連した体験や相談、試食、プレゼントなど、かなり面白そうです。
みなさんぜひのぞいてみて下さい。
リプラスさんに成り代わってお知らせでした。

マウンテンのコーヒーセットが当たったら教えてね!

| お知らせ | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふうき豆

おみやげにといただいたお菓子、名前を「ふうき豆」といいます。
 CIMG3026.jpg CIMG3029.jpg CIMG3030.jpg
「ふうき豆」…聞いたことのある名前。古い記憶がよみがえりました。

実は、だ~いぶ前に本で読んだことがあったのです。
本の名前は「四季の味」。まだ、鎌倉書房が元気なころの季刊誌です。
和も洋も料理写真が素敵で、プロの技も素人の工夫も楽しめた本です。

くいしんぼう編集長の森須滋郎さんの、「…まずかろうはずはない」という
名調子の、教養とウイットに富んだ辛口のコメントが好きでした。
今のようにネットのない時代の情報誌のはしりですね。

料理の楽しみ方や器の使い方など、食に関してたくさんのことをおしえて
もらった本です。
この本のおかげで、趣味が「食べ歩き」という人が増えたのではと思います。

本棚をひっくり返して探しました。あった、あった!
「ふうき豆」がのっていたのは、昭和57年12月発行のもの。古ッ!
 CIMG3040.jpg
平山郁夫画伯や入江相政侍従長、若いころの坂井シェフ、山本益弘・麗子夫妻、
玉村豊男さん、まだ主婦だった栗原はるみさんや有元葉子さん…
そうそうたる人たちが料理欄にコラム欄に登場されています。歴史的!

山形の「山田家」の「ふうき豆」。
縁起がよくひびきもよい名前と、メリハリの利いた紹介文が印象に残り、
いつか食べてみたいと思っていました。
忘れていたけれど、確かに記憶の底にあった長年の思いがかないました。

砂糖と水だけでたいたえんどう豆は、甘いけれど後味がさわやかで、
お豆さんの香りと味が生かされています。
野菜のようなお菓子のような、おいしいお豆さんでした。感謝! 

| ごちそうさま! | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンティークコレクション その18

いくつあっても欲しくなってしまうのが悪い癖。

今日は、梅田のアンティークショップへ出かけました。
なんでも、「アンティークコーヒーフェア」だそうで、朝からウキウキ。
ここは、ハービスプラザの「トキ貿易」さん。以前にもお世話になりました。

おーっ!あるある!すげー!
CIMG3066.jpg CIMG3067.jpg CIMG3069.jpg
小型のミルはもちろん、超大型のミル、焙煎器、サイフォン(これはメチャきれい)
旅行用のエスプレッソメーカーなどなど。
これだけ一同に集まるのは国内でも他にないんじゃないですか?

はっきり言って舞い上がっておりました。心臓もドキドキ。
そのなかで、本日のゲットはこれ。
CIMG3062.jpg
はい。これは、プジョー社の「モデルC」といわれるものです。1870年から1930年
ごろに製造されました。本体は鉄なので重いです。
渋いグリーンがいいですね。もちろん使用可能。使えるのしか買わないもんね。

さっそく店に飾りました。
眺めてはニターッ。久しぶりのお買い物でした。

| アンティーク | 17:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きれいなバラ

お客様からいただいたバラがキレイです。

イングリッシュローズ
 「花が重たくて下を向いてるやン」というお客様が何人いたことか。
  このお花は下をむいて咲くのです。その様子がとても良い。
   CIMG3022.jpg

ティラミス、ホワイト・・、いろいろ
  微妙な色のバラたち。豊かな香りがすばらしく、うっとり。
   CIMG3024.jpg

おばあちゃんちのバラ…
  健康優良児、元気美人のバラは、つぼみのなかに花びらがびっしり。
  伸びやかに開いて周りを華やかにしてくれます。
   CIMG3019.jpg

いろんなお客様がお花をくださるおかげで、お店がいつも華やかです。
お花のおかげで心が和みます。心から感謝!ありがとうございます。  

| ちょっといい話 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーマウンテン

あのパステルで、「なめらかプリン・ブルーマウンテン」というのを
見つけました。
    CIMG2965.jpg
ブルーマウンテンと聞いちゃほおっておけない。さっそく1つ買って帰って
食べました。色は白っぽいけどしっかりコーヒー味しています。

半分こ、と思って、たてにスプーンを入れて食べていたら、やわらかいので
眠たいときにソファに座っているときみたいにズルズル沈んでいって
しまいました。
もともと、プリンはかたいのが好みなのですが、やっぱりこのやわらかさは
苦手かも、です。

では、コーヒー屋として、ブルーマウンテンについてうんちくを少し。

高いコーヒーとしてみなさん御存じのブルーマウンテンは、ジャマイカが
誇る高級コーヒー豆です。

華やかな香り、酸味、甘み、苦み、コクすべてにバランスがとれています。
いやみがなく、軽やかでやわらかな味わいは、どなたの口にも合うようです。

ブルーマウンテンのコーヒー豆は、その品質によって上から、№1、№2、№3の
グレードに分けられます。ちなみに、マウンテンでは、ブルーマウンテン№1
を扱っています。

コーヒ豆は、麻袋に入れられて輸出されますが、ジャマイカだけは、木の樽に
入れられてきます。(4月18日のブログにものせています)

この木樽、実はにせものが多く出回っています。その見分け方は?

この写真を見て下さい。アルミのタガの上に文字が印刷されています。
    CIMG2980.jpg

これは、現地で中身を入れてフタをしてからローラーで印刷するのだそうです。
この印字が無かったり、ずれていたり、ふたがおかしいのは、日本で他の豆を
混ぜたり、偽ものを入れたりしてリパックされた可能性大なのです。

情けない話しですがよくある話とか。ウソはアキマセン。誠意をもって
仕事はしたいです!

| コーヒー&紅茶の話 | 23:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お菓子の家

「ヨーロッパ伝統洋菓子の世界展」に行ってきました。阪神百貨店の催しです。
Image019.jpg Image011.jpg
アンティークのお菓子の道具や型、ラッピング用の缶や箱、ポスターなど
心ひかれるものがたくさんあります。

ディスプレーされていたウェディングケーキやお菓子の家がかわいい!
ヘンゼルとグレーテルの世界です。
Image010.jpg Image013.jpg Image016.jpg
映画でもショコラやチャーリーとチョコレート工場、マリー・アントワネットなど
お菓子が出てくるものはうれしいのです。
ヘップバーンがアイスクリームを食べているシーンが忘れられません。
  Image018.jpg
お祝い、お悔やみ、喜び、悲しみ、お家で、カフェで、レストランで、一人で、
二人で、みんなで…いろんな場面にお菓子はあります。
昔から、人の心をひきつけている「お菓子」っていいな~。
  Image012.jpg
あっ、こんなものが。お菓子の道具に混じってアンティークのコーヒーミルも
ディスプレーされていました。これもまたかわいかった。
ケーキとコーヒー相性バツグン! 
 

| お出かけ | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローリーさん、イン・芥川

高槻市出身の有名人といえば、ローリーさん。
改めてご紹介するまでもありませんが、実は芥川町のお生まれ。
その生家の電器屋さんは、マウンテンのほんのちょっと先だったそうです。

今日は、お向かいのセブンイレブンさんの地下にある「音場」さんで、ローリー
さんのライブがありました。
昨日のジャズストでは現代劇場で、今日はライブハウスで。
有名人になられても地元を大事にされるのは素敵ですね。

お客様Aさん(55歳)の証言:
  ローリー?ああ、あの寺西の電器屋さんの息子?うん、よくオヤジさんを手伝って、
  一緒に電気工事にきてたわ。そーねー。あのころから長髪やったけど割りと
  地味やった。
  おとなしかったな。うん。
  
てなわけで、同級生だったとか、上のご兄弟の友人だったとか、よく聞きます。

さて、そのローリーさんのライブとあって、会場の前は大勢の人だかり。
      CIMG2950.jpg
普段は高齢化著しい芥川商店街ではありえない光景です。
これを機会に、若い人も商店街に目を向けてくれるといいですね。
きていただいたローリーさんに感謝。呼んでくれた音場さんにも感謝!

| 今日の出来事 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タップダンス

今年のジャズストの1番のお気に入りは、タップダンスのグループです。
       Image009.jpg
音楽もよかったけれど、タップがバツグン!ダンサーのおねえさんが
ずーとにこやかに楽しそうにステップを刻みます。

古きよき時代のアメリカ映画でおなじみ、フレッド・アステアやジーン・ケリー。
新しいところで、座頭市。
タップのリズムはからだが自然に動きます。

ダンサーのおねえさんが、初歩の初歩ということで超簡単なステップを
教えてくれました。会場のみなさん総立ちで「A列車でいこう」にあわせて
楽しいダンスタイムになりました。

ラストナンバーも楽しく終わり、最後にステキなメッセージ。
「私たちは自分たちのチップ箱は用意してません。私たちにはいらないので
よろしかったら運営委員会のカンパ箱に寄付して下さい」

こんなに楽しいジャズストですが、財政面ではやはり苦労しているようです。
市民レベルのこの楽しい行事を、参加するアーティストも、来場されるお客様も、
地元の私たちも、みんなで支えていきたいです。

また、来年もジャズストでお会いしましょう!

追:出張カフェMOUNTAINはおおにぎわいでした。ご利用いただ
  いたお客様、ありがとうございました!

| 今日の出来事 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャズスト

広場から、お店からノリノリの音楽が聞こえます。
ストリートでもバスの中でも音楽が…

高槻がステキな街になる2日間。

今日もたくさんの人たちが音楽を楽しまれたようです。

    CIMG2944.jpg

マウンテンも、音楽を聴きながら出張カフェ。
ごきげんです。

明日もジャズにつつまれる高槻。みなさん遊びにきてください! 

| 今日の出来事 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高槻ジャズストリート

      高槻ジャズストリート
      CIMG2937.jpg

ジャズストが5月3日・4日に開催されます。今年で9回目。
年々規模が大きくなっていくので楽しみです。

マウンテンは、会場の1つである「ART.LABOたかつき美術教室」
にて出張カフェを開きます。
おいしいコーヒーとごきげんなジャズをお楽しみ下さい!

もちろんお店のほうも、連休は休みなしです。

いつもお越しいただいている方、お待ちしています。
普段お越しいただけない方、ぜひご来店下さい。
遠くの方、この機会にジャズとマウンテンをたずねて、高槻に
遊びに来て下さい。

ワクワクいっぱい! お待ちしています。


| お知らせ | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。