マウンテン通信

大阪府高槻市にある、自家焙煎コーヒーとオリジナルハーブティーの店マウンテンのブログです。楽しくハッピーな日々を綴りました。

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

載ったよ!

10月31日付の「シティライフ」紙にマウンテンが掲載されました!
内容は、「ウイークエンドカフェ」について。

      citylife-2.jpg

みなさ~ん、読んでいただきました?
とても楽しそうでしょ!

記者の方は、苗字を「よしみ」さんといわれます。
だから「よしみん」。ちなみにマウンテンママは名前が「よしみ」。
一緒やね~。ダブル「よしみん」でご縁がありました。
(関係ない話でスミマセン)

ウイークエンドカフェはホントに楽しいです。皆さんもぜひご計画下さい!
スポンサーサイト

| ウィークエンドカフェ | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイークエンドカフェ その11

10月28日(土)のゲストは、ほんわかやさし気なお2人。
ご希望メニューは「カフェオーレ」の作り方と「テイスティング」です。
では、ゆるりとスタートです。
   CIMG2092.jpg CIMG2095.jpg

まず、カフェオーレのおいしい作り方をご伝授。オーレは使うコーヒーや
ミルクとの割合で、随分味が変わります。いろいろ作って飲んでいただき
ご自分の好きな味を見つけていただきました。
カプチーノのようなふわふわミルクを作る道具があります。それを実演した
ところ、すっかり気に入っていただきました。この道具は、マウンテンも
お気に入り。すぐれものです。気に入っていただけて、よかったよかった!

次はテイスティング。あらかじめ用意した豆は、キリマンジャロやブルマン
などよく聞く名前のものを6種類。ご希望で2種類追加、合計8種類。
同時に飲み比べると違いが良くわかり、自分の好みもはっきり確認できます。

だんだん調子が乗ってきました。
「ブレンドしたいね」というご希望。OKです。喜んで!
   CIMG2097.jpg CIMG2099.jpg

頭の中で考えたブレンドが、実際にはどんな味になるか、楽しみですね。
3つ考えられましたが、予想以上に平坦な味だったり、パンチが効きすぎ
たり、イメージどおりにならないですね。だからブレンドはおもしろい!

1つ、前日に作られた「アンリブレンド」に近い内容のものがあったので
飲み比べてみました。
一堂「おいしい!」。そうなんです。アンリブレンドは優れたブレンドです。
香り・味わい・あと味のバランスがとれていて、しかも個性もあります。

「よ~し、いいブレンドを作ろう!」と発奮されたお2人。
近いうちにまたウイークエンドカフェを予約していただけそうです。
お待ちしています!

| ウィークエンドカフェ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイークエンドカフェ その10

あれ~、金曜日なのにウイークエンドカフェ?と疑問に思われるあなたは
通の方。そうです。今週から金曜日もウイークエンドカフェをすることに
なりました。
予約をお待ちいただいている方はどうぞご連絡下さい。今のところ、金曜
日には空きがあります。

さて、本日(27日)のお客様は、前回見事なテイスティングをされたお2人。
今回はマイブレンドに挑戦です。
   CIMG2087.jpg CIMG2088.jpg
なんと、あらかじめ数種類の豆を買っていただき、ご自宅でブレンドされ
ていたという熱心さ。しかも、「方針」と題してレジュメまで作ってきて
下さいました。マウンテン感激です。よ~し、いいブレンドを作りましょう!

「方針」 ブレンド名:アンリブレンド
     名前の由来:先日、他界したブルゴーニュの神とも称される
           伝説的なワイン醸造家アンリ・ジャイエに捧げる
           ブレンド 
     テーマ  :ブルゴーニュの赤ワインのイメージを持たせる
     香:フルーティさを重視。アクセントとして、スパイス香や
       熟成香としてのオレンジっぽさ、土っぽさを加味。
       ニュアンスとして樽をイメージさせる香ばしさやバニラ
       っぽさを控えめに表現。
     味:酸味を特徴として余韻を長く持たせる
     (さすが!ワインで鍛えたこの表現力)

まず、考えてきてくださったブレンド3種類を作ってテイスティング。
①番・フルーティさが弱い ②番・苦みが強すぎる ③番・テーマから
はずれる、感じです。それでは、と、この3つから味を展開させていき
ました。
同じ豆を使っても配合割合で味が変わったり、1割入れるだけでも存在感
があったり…ホント、ブレンドは奥が深いのです。
合計8個のブレンドを作り、めでたく8番目にして「アンリブレンド」が完成
しました。

ワイン愛飲家が、亡き巨匠に捧げるブレンド「アンリブレンド」は
明日から店頭にて販売、喫茶コーナーでもお飲みいただけます。
ブルゴーニュの赤ワインをイメージしたフルーティさをお楽しみ下さい!

あ~おもしろかった、と終わろうとしたら、かばんから出てきた1本の
ボトル。グラッパです。(この方のかばんからは、よくワインなどが出て
くる。まるで、大人のドラえもんポケット)グラッパは普通はワインの
搾りかすなどで造られるのですが、これは葡萄から作ったグレードの高い
ものなのだそうです。なるほど、とてもいい香りです。
     CIMG2090.jpg

グラッパと言えば、つきものはエスプレッソ。さっそく直火式の器具で
エスプレッソを作りました。エスプレッソは砂糖をたっぷりいれ、あまり
かき混ぜないでゴクリと飲みます。カップの底には砂糖がたまって残ります。
そこにグラッパをいれて飲むのです。これがウマイ!まさしく大人の楽しみ方。
いいですね~。金曜の夜は楽しく更けていきます。

| ウィークエンドカフェ | 01:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAPPY HALLOWEEN!

10月31日はハロウイーン。ハロウイーンと言えばかぼちゃ。
そこでマウンテンでも、27日(金)~31(日)の間の喫茶コーナー
のケーキは、かぼちゃオンパレードです。
       CIMG2081.jpg
プリンにタルト、チーズケーキにマフィン…カロチンたっぷり、とても
ヘルシーなケーキをご用意します。どうぞお楽しみに!

ハロウイーンはキリスト教の「万聖節」(亡き聖人たちを祭る行事)の
前夜祭です。また、紀元前のケルト民族の暦が11月1日が新年だった
ことから、その大晦日ということで、あわせてお祭りとして行われる
ようになったそうです。

欧米、特にアメリカでは、ハロウイーンは、子供たちがお化けの格好を
して家々をまわります。ドアをたたき「Trick or Treat?]と言います。
家々では用意しているお菓子をあげ、楽しく過ごします。

どうしてかぼちゃ?
アイルランドでは、カブで作ったちょうちんのかがり火が魂のシンボル
と言われ、それがアメリカに伝わりました。アメリカではカブに親しみ
がなく、かぼちゃでちょうちんを作るようになり、今に至っているよう
です。

日本でも10月になるとかぼちゃの飾りが目に付くようになってきま
した。云われはさておき、新しく楽しい行事としてハロウイーンを
楽しみたいですね!

| マウンテンのスウィーツ | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お客様

今日、とってもとってもかわいいお客様が2人来られました。

 CIMG2077.jpg CIMG2076.jpg

ね、かわいいでしょ!
このお2人はマウンテンの近所にある中学校の2年生。学校の授業の
一環として、「職業体験」に来られます。
ビシッ、ビシッ鍛えるぞ!なんてうそうそ。
こんなかわいい子たちが来てくれるなんて、うれしいじゃありませんか。
大歓迎です。
焙煎の手伝い・ケーキ作りの手伝い・喫茶の補助・コーヒー豆の販売
補助などいろいろ仕事を考えています。

体験日は、11月7日(火)・8日(水)の2日間です。暖かく迎えたいと
思います。

当日は、お客様にはご迷惑をおかけすることもあろうかと思います。
どうぞご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

| お知らせ | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お客様

芥川町のマウンテンの直ぐ近くに「クロマチックハーモニカ教室」が
あるのをごぞんじですか?
先生は木谷悦子さんとおっしゃいます。木谷先生は大変な実力をお持ち
で、世界大会で優勝された経験もおありです。
普段は生徒さんの指導者として、また演奏家として忙しくされておられ
ます。
その木谷先生が、忙しい合間をぬって生徒さんといっっしょにお茶を
しにマウンテンに来て下さいました。

      CIMG2040.jpg
生徒さんから「とてもいい人なんだよ」と伺っていたのですが、実際に
お話して、本当なんだとわかりました。笑顔がかわいくて、話上手で、
そして前向きでいらっしゃいます。さすが頂点に立つ人は違う!と納得
しました。
お帰りのとき、記念写真をとカメラを出している間に、木谷先生の手には
ハーモニカがしっかりと握られていました。
あれ~いつの間に!先生やりますね。
はい、チ~ズ!いい写真が撮れました。先生、ありがとうございました。

| ちょっといい話 | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイークエンドカフェ その9

さて、今週のウイークエンドカフェは、仲良し4人組(飲み仲間?)の
方たちです。ご希望は、生豆焙煎です。
   CIMG2052.jpg CIMG2055.jpg
   CIMG2058.jpg CIMG2060.jpg

お2人は経験済みなので、他のお2人の見本となって教えていただき
和気あいあいに焼き上がりました。その後、自分の豆をペーパードリップ
していただき、飲み比べ。むら焼けになったものがおいしかったり、
キレイに焼けていても香りが少なかったり、それぞれ個性があります。
いや~、焙煎は奥深い。
コーヒーの面白さを少しわかっていただけたようで、マウンテンは
うれしいです。

楽しく終了後、「今から、飲みにいきま~す!」と帰っていかれました。
さすが飲み仲間!

| ウィークエンドカフェ | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう!コスモポリタン

神戸の老舗洋菓子メーカー「コスモポリタン」をご存じですか?
「コスモポリタン」と言えばチョコレート!三宮のシンボル的な
お店の1つでした。

その「コスモポリタン」がこの夏をもって廃業されました。
1926年、ロシア革命を逃れて来日したF・モロゾフ氏が
トアロードに「モロゾフ洋菓子店」を創業。日本人共同経営者
と訴訟騒ぎになり「モロゾフ」の商号使用を禁止されたり、
空襲で店舗が消失したりと苦難を経験された後、戦後「コスモ
ポリタン」の社名で再出発されたとか。

時代の流れとはいえ、洋菓子文化を支えた名店が消えるのは
とても寂しいことです。

明日締めるというその前日に、たまたまお店に行かれた方から
この寂しい知らせを聞きました。そして、最後の記念にと
チョコレートを買ってきてくださいました。

  CIMG2016.jpg CIMG2045.jpg
もう食べることのできない名店のチョコレートで、今日「ガトーショコラ」
を焼きました。このブログを見られて「コスモポリタン」を惜しもうと
思って下さる方に食べていただきたい記念のケーキです。

8名様限定です。店頭には出しませんので、どうぞ声を掛けて下さい。

「コスモポリタンのケーキ!」と言って下されば、喜んでお出しします。

| マウンテンのスウィーツ | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

枝豆 パート2

昨日、枝豆が大好物と書いたのが神様に通じたのか、今日、別の
方から枝豆をいただきました。
      CIMG2039.jpg

こ~んなにたくさん、しかもゆでたて。まだほんのり温かいです。
まさに食べごろ。ちょっとつまんでみると、とてもおいしい!

たくさんあるので、食べても食べても減らない感じがうれしい。
ボールをかかえてムシャムシャいただいています。あ~幸せ!

| ごちそうさま! | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫ずきん

お客様から枝豆をいただきました。名前は「紫ずきん」。
京都の園部町で作られた黒豆のものです。
   CIMG2013.jpg CIMG2031.jpg

見るからにおいしそう!
とてもぷくぷくなので直径を測ってみたら、1.8㎝から2㎝
くらいありました。

実は枝豆は大好物。特にゆであがって少し経ったころの
ほんのりあたたかいころに食べるのが大好きです。

前に、喫茶コーナーが終わった6時すぎに「だだちゃ豆」を
ゆでたことがありました。これはいけませんでした。
知ってます?だだ茶豆はゆでる時すご~くくさい!
店中にくさい匂いがこもってしまって、コーヒー豆を
買いにきてくださったお客様は明らかにヘンな顔。
あせりましたこのときは。
しかし懲りずにこっそりゆでています。ただし、だだ茶豆以外。

「紫ずきん」さっそくゆでました。
大粒で食べ応えがあって甘くておいしい!口福です。
ごちそうさまでした!

| ごちそうさま! | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンティークミル その10

CIMG2019.jpg CIMG2021.jpg CIMG2020.jpg

じゃーん!今回はコーヒーミルといっても焼き物です。
フランス産のリモージュボックスをご紹介します。

リモージュといえば、そりゃもう世界的に有名な焼き物ですよね。
小粋なフランス人はコーヒーミルまでこしらえておりました。

写真左はアンティークです。年代は不明。フタを開けると、内側にコーヒー豆が書いてあります。
にくいですね。
写真右は現代物です。やや大振りになっています。シックな色使いのアンティークに比べ、
明るい感じを受けます。

全然実用性はないですけれど、見るたびに「エエな~」と思います。
どちらも手書きなので、けっこう大変な作業だと思います。
こうしてみると、リモージュって今も昔も作り方があまり変わっていないんですね。
でも、少しずつ現代風にアレンジしている。そこがよいのです。

    リモージュに関するHPを見つけました。ご参考まで。
    http://www.shoplimoges.jp/limogesbox/index.html


| アンティーク | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウンテン水彩画になる その2

今日、お客様が携帯に撮った1枚の写真を見せて下さいました。
何と昨日このブログにのせた絵ではないですか。

絵画展で絵を見ていたらマウンテンの焙煎室の絵があって、
私たちに見せてやろうとわざわざ写真に撮ってきてくださったのです。

ありがとうございます。気にかけていただけてとても幸せです!

| ちょっといい話 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウンテン、水彩画になる。

   20061016185848.jpg

きゃー!マウンテンの焙煎室が絵になりました!
すごーい!
あんまりキレイな部屋じゃないけれど、こうして絵になると、なんと
すばらしい部屋ではありませんか!どこか、ヨーロッパの町角にある
ような雰囲気です。

この絵は、お客様が書いてくださいました。
ありがとうございます。
大切な記念にさせていただきます。


| ちょっといい話 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウンテンの秋休み 総集編VOL2

        MOUNTAIN IN NASU & KARUIZAWA


完璧だ!「星のや」
レセプションにて…
CIMG1878-1.jpg CIMG1895-1.jpg CIMG1881-1.jpg
 一歩入るとそこは癒しの空間。ゆったりしたソファに幻想的な音楽。この場所でそれまでのしがらみを
 切り捨てます。さて、これからどんなサプライズが待っているのか…。
レセプションから部屋まで…
 グループごとにキューブに乗って、森の中を抜け各部屋まで案内してくれます。なんとウマイ演出。心は
 期待でワクワクです。
 敷地に入ると、川が流れ木が茂りそこから家が見えます。誰でもが心の中に持っているなつかしい里の
 集落です。しかし、その風景はとびっきりオシャレ。夜には水行灯に火がともされ、川に浮かび、暖かい
 光の幻想的な風景に変わります。
部屋では…
CIMG1883-1.jpg CIMG1918-1.jpg CIMG1917-1.jpg
 大きな鍵をガチャンと回してドアを開けます。自分の家に帰ったみたいです。オートロックなんかじゃ
 ない。ここがこだわり。床暖房なので裸足が気持ちいいのです。
 行灯のようなライトに照らされた薄暗い部屋。窓は天井まで一杯に取られていて、まるで緑の林の中に
 いるようです。くつろぎは堀ごたつ形式の大きなテーブルで。2人の距離が遠い!こんなにあってどう
 するの?というくらいたくさんのソファ。これがとてもシックな色なんですね。
 時計なし、テレビなし。これがいい!真っ白なシーツにくるまれた羽根布団。お茶の道具、ポット、CD
 プレーヤー、部屋着、パジャマ、アメニティグッズ…どれをとっても選びぬかれたものばかり。 
 予約時に「少し早い結婚記念日です」と言っておいたら、なんとシャンパンのプレゼントがありました。
 感激ですよね。
お風呂…
 部屋のお風呂は前面ガラス張りのひのき風呂。とても清潔。季節のお湯が用意され、この日はりんご風呂
 でした。お湯の中にりんごがごろんごろん、なかなか楽しい。
 温泉は2か所で、1つは露天風呂。もうひとつはメディションバスという不思議な温泉。闇のように暗い
 なかでお湯につかる瞑想の湯です。これは好き嫌いが分かれるそうですがとても気に入りました。マウン
 テンパパは夜中の4時ごろ出かけ、一人だけの貸切で贅沢に瞑想にふけっていました。
さらに、ライブラリー…
CIMG1896-1.jpg CIMG1898-1.jpg CIMG1899-1.jpg
 ここがまた泣けるほど素晴らしい!ドアを開けるとヒーリング系のい~い音楽。フリードリンクでお菓子も
 どうぞというスタイルです。それも、こんなもんでいいでしょというものでなく、ちゃんとおいしいもの
 が用意されています。置かれている本は、思わず手に取りたくなるものばかり。このライブラリーは24
 時間いつでも利用できます。ゴロンと横になれるソファで本を読みながらリラックス。眠たくなったらうと
 うと…。こんなうれしいことあります?
食事は…
 和食のレストランの設計が斬新です。掘りごたつのようになっていて落ち着いて食事ができます。味のほう
 は中の上くらいかな…。 

古すぎず新しすぎず、和でなく洋でなく、このコンセプトを考えた人たちのセンスの良さに脱帽です。
2連泊が基本の宿ですが、都合により1泊のみとなってしまったのが残念でした。次回は必ず連泊だ!と心に決め、気持ちよく「星のや」を後にしました。

思えば、どこもみなスタッフたちが、自信を持って楽しそうに働いているのが印象的でした。
どんなことにも手を抜かず本物を提供してくれます。これこそサービス業の基本なのだと教えられました。
  
「コーヒー屋さん」いろいろ…

   CIMG1808-1.jpg 
 「CAFE SHOZO」ほれました!
   CIMG1818-1.jpg
 「ミカドコーヒー」モカソフトが有名(食べなかったけど)老舗です。
  CIMG1825-1.jpg CIMG1820-1.jpg 
 「茜屋珈琲店」落ち着いた店内。ディスプレーが素晴らしい。寸分の狂いもないとはこのことでしょうか。
 もともと神戸でされていて軽井沢に移られました。大人の珈琲屋さんです。
  CIMG1870-1.jpg
 「珈琲工房須田」仲良しご夫婦で営業されています。お互いがんばりましょう!
CIMG1871-1.jpg 
 「カワン・ルマー」社長さんは奈良県出身の方。アビシニアンモカがおいしかった。
  CIMG1933-1.jpg CIMG1888-1.jpg
 「丸山珈琲」ネットオークションで良質なコーヒーをよく落とされていま す。なんと「星のや」の部屋
 のコーヒーは丸山さんのものでした。スゴイ! 
いずれも優秀なお店ばかりです。勉強になりました。これからもよろしくお願いします。

ま・と・め
4日間の秋休みは、駆け足で過ぎていきましたが、素晴らしい場所や熱いハートに触れることができました。
特に感じたのは、その仕事に対し情熱を持ち続けることの大事さ。
日々のモチベーションの高さの積み重ねが、その店のオーラとなり、訪れる人を魅了し続けるようです。

たくさんの感動をいただきました。
マウンテンはやる気まんまん、リフレッシュしてがんばります!!

2回にわたった長~いブログをお読みいただき、ありがとうございました。


 「おまけ」
 信州限定わさびそばのお菓子と首都圏限定のチルドコーヒー。おいしかったです。
  CIMG1930-1.jpg CIMG2009.jpg

| お出かけ | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウンテンの秋休み 総集編 vol1

        MOUNTAIN IN NASU & KARUIZAWA

今回の秋休み旅行の目的は4つ。1つめは、黒磯にある「CAFE SHOZO」さんをたずねること。
2つめは、玉村豊男さんの「VILLAD'EST GARDEN FARM AND WINERY」でのサパー。
3つ目は、軽井沢の「星のや」に泊まること。そして4つめは、軽井沢で活躍されている
コーヒー屋さんをたずねる事でした。

今日は1つめと2つめについてです!
 
「CAFE SHOZO」にぞっこん

CIMG1787-1.jpg CIMG1788-1.jpg CIMG1807-1.jpg
 東海道新幹線から東北新幹線に乗り継いで着いたところは、「黒磯」。
 駅に降りると、あれ~人っ子一人いない。改札口を出て通りに出てもこれ 
 また誰もいない。エー、何これ!なんかあったんやろか…不安な思いで
 歩くこと10分。通りに若い人がちらほら見えてきた。ほっ!そこが目的 
 の所でした。後から聞くと、やはりこのあたりの商店街も空き店舗が多く
 人通りがとても少ない、との事だったのです。

 SHOZOさんのCAFEやお店は、このようなところにありながらも、人が絶え
 ません。どうしてこんなところに?SHOZOさんは言います。生まれ育った
 この町を、旅人が来るような魅力のあるところにしたい、と。そんな想い
 から、道沿いにコンセプトの違ったお店を数軒出しておられるのです。
 森の中にあるCAFEも、道路沿いのバールもありますが、それぞれが人の心
 を惹きつけます。何が魅力?SHOZOさんというファインダーを通して作られ
 た空間がとても心地よいのです。
CIMG1795-1.jpg CIMG1798-1.jpg CIMG1804-1.jpg
 待ち合わせのお店にうかがうと、エプロンをつけたSYOZOさんがキッチン
 からにこやかに、さわやかに登場。もう、ひとめぼれ!
 その口からは、まるで詞のようなステキな言葉があふれてきます。
 何と魅力的なSHOZOさん!お会いすることができて幸せです。
 「ワクワク、ドキドキ天まで届け!」その通り。
 「いつでもどこでも、最善をつくす!」その通り。
 マウンテン、勇気が出ました。がんばります!

さすが「VILLAD'EST GARDEN FARM AND WINERY」

 ここ東部町は日本でも有数の晴れの日が多いところなんだそうです。
 それで、夕日を眺めながら食事をいただくという「サパー」を予約しまし
 た。しかし、なんと大雨。が~ん!
 でもでも、そのおかげか空いていたし、玉村さん本人にもお会いできたし
 かえってラッキーだったのかも。
CIMG1852-1.jpg CIMG1848-1.jpg CIMG1849-1.jpg 

 ここはとてもセンスのいいところ。すべてのことについて本物を提供して
 くれます。それは、道路の案内板から始まリます。まわりのものに溶け込
 み、違和感無く、しかもセンスよくVILLA D'ESTに案内してくれます。 
 CAFEやSHOPもさりげなくおしゃれなものたちにあふれています。
 ここもまた、オーナーである玉村夫妻のファインダーを通して作られた
 ステキな空間なのです。
CIMG1853-1.jpg CIMG1856-1.jpg CIMG1861-1.jpg
 食事は肩のこらないフレンチ。さすがに野菜がおいしい。
 この日の一番のお気に入りは、前菜の「茄子のカルパッチョ仕立」。
 あわせて頼んだワインは、このワイナリーで作られたもの。期待以上に
 芳醇な香りで登場した白ワイン ヴィニュロンズ リザーブ シャルドネ
 2004は、同じ土地で採れた野菜たちの料理にピッタリでした。
 おみやげにここで作られたりんごのお酒「シードル」も買って、軽井沢
 まで40分のドライブを豊かな気持ちで帰りました。飲んだのはマウン
 テンママだけ。飲酒運転ではありませんので、ご安心を。

 VOL 2につづく…

| お出かけ | 23:07 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ごめんなさい!

秋休み旅行の総集編を今日書こうと思っていたのですが、
作戦会議があり、(これは本物。商店街の方たちとの会議)
遅くなってしまいました。パソコンに向かうも居眠り状態で
打ち間違いばかり。だめだ~こりゃ。ということで寝ます。
もうちょっとお待ち下さい。

| お出かけ | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイークエンドカフェ 特別講座 

     CIMG2000.jpg
10月8日(日)、ウイークエンドカフェの特別編をしました。場所は、大阪市中央区にある
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」にて。
主宰されている方は「塚本有紀」先生とおっしゃいます。
有紀先生は、ル・コルドンブルー東京校で勉強された後、パリに留学され、同フランス校を
卒業されました。卒業後もフランス校に残られ、アシスタントとしてその力を発揮された
すばらしい経歴の持ち主です。
日本に帰られてからは、教室を主宰されたり、本を出版されたり大変活躍をされています。
この有紀先生、実はマウンテンの古くからのお客さまだったのですが、そんなこと一言も
おっしゃらないので、ちっとも知りませんでした。(脳ある鷹は爪を隠すとはこういう事ですね)
ひょんなことから、先生の教室で「コーヒー講座」を開催していただけることになリ、その講師
としてマウンテンを呼んでいただきました。

          ウイークエンドカフェ特別講座

CIMG1965.jpg CIMG1966.jpg CIMG1968.jpg
ここが「アトリエ・イグレック」すごく設備が整っています。調理台はなんと
大理石!電気コンセントも天井からぶら下がっているし、とにかく素晴らしい!
ブルーの人が有紀先生です。
講座の内容は、①生豆焙煎②ペーパーッドリップ実践③スウィーツとの相性比べです。
参加者は10人。皆さんカシャカシャ、ぽんぽん楽しそうです。
焼いた豆の大集合。十人十色とはこのことですね。焼き上がりがそれぞれ違います。
CIMG1969.jpg CIMG1972.jpg CIMG1979.jpg
では、ドリップしてみましょう。まず見本を見ていただいて、それから実際に
CIMG1980.jpg CIMG1986.jpg
自分の焼いた豆をドリップしていただきました。初めての方もいらっしゃいましたが、
皆さん飲み込みが早い。上手にドリップされます。
さて、お味のほうは?焼き色も違えば味もいろいろ。酸っぱかったり苦かったり、
にぎやかに味比べです。
CIMG1989.jpg CIMG1992.jpg
その間に有紀先生は、スウィーツの準備に大忙し。お皿の上には、パッション
フルーツのムース・グレープフルーツ添え、クラシックガトーショコラ、バニラ
アイスクリーム。とても豪華、おいしそう!
ナイフとフォークもきちんとセットされ、優雅にテイスティング。用意した
コーヒーは、この日焙煎していただいた豆と同じブラジルとごちそうさまブレンド。
グレープフルーツのようにすっぱいフルーツにコーヒーはあまり合いません。
逆に良く合うのはチョコレート系。コーヒーは普通の濃さのよりもごちそうさま
ブレンドのような深煎りのものがピッタリと合います。
さすが皆さんお料理教室の生徒さん。味わい方や表現の仕方がスルドイ!
CIMG1994.jpg CIMG1996.jpg
そして積極的に質問していただけるので、マウンテンもとても楽しい!
あっという間に時間が過ぎました。片付けも皆さん手馴れていらっしゃる。
全員協力でちゃっちゃっと終わり、気持ちよく終了となりました。

皆さん、有紀先生ありがとうございました。次回の開催を楽しみにしています。
(終了後ちゃっかりいただいたケーキ、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした!)

       アトリエ・イグレックのHP
      http://www.yukitsukamoto.com/

| ウィークエンドカフェ | 23:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィークエンドカフェ その7

この日の参加者は、カフェ大大好きなステキなお2人。
そして、なんと、あの「シティライフ」紙の記者のお二人が
ウィークエンドカフェの取材に来て下さいました。
お一人がカメラ、もうお一人が飛び入り参加です。

CIMG1946.jpg CIMG1942.jpg CIMG1946.jpg

取材のため、いつもよりちょっと緊張…と思っていましたが
なんの、なんの。みんなすっかり打ち解けて、和気あいあいです。

CIMG1949.jpg CIMG1955.jpg CIMG1962.jpg

内容は10月31日付の「シティライフ」に載りますので
本日は写真のみ。ネ、楽しそうでしょ!

| ウィークエンドカフェ | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満員御礼

2日間のオープンカフェ・マウンテンが楽しく終了。
おかげさまで大繁盛。バンザーイ!!
みなさん、ありがとうございました。

| お知らせ | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽しいオープンカフェ

朝降っていた雨もキレイにあがり、気持ちいいお天気で
オープンカフェ・100円コーヒーを開くことができました。
CIMG1937.jpg CIMG1939.jpg CIMG1940.jpg
芥川商店街のオリジナルのはっぴを着ています。
色もいいし、背中の「あ」の文字もけっこういい感じ。
どうです、似合っています?

コーヒーの香りが商店街に漂い、それを頼りにきてくださった
方がいらっしゃいました。いつもお越しいただいている方も
たまには外で飲もうと店頭で一杯。一回飲んでみたかったという
方も満足していただけたようです。
いろいろな方に飲んでいただくことができ、しているほうも
楽しいオープンカフェです。

手伝ってくださった小林さん、ありがとうございます。
またあしたもよろしく!

明日も、11時から17時まで。店頭にてオープンカフェ・
100円コーヒーをします。みなさん、冷やかしに来て下さい!

| お知らせ | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100円コーヒー!!

        100円!!コーヒー
10月6日(金)・7日(土)は芥川商店街のイベントが
あります。
盛りあがろう!ということで、マウンテンは「お月見ブレンド」を
100円で飲んでいただくことにしました。
11時から17時まで。黄緑色のはっぴを着て店頭でドリップします。

テイクアウトもOK。みなさんジャンジャン飲みにきて下さい。

| お知らせ | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋休み4日め

  06-10-05_00-28.jpg 06-10-05_00-29.jpg
ここが「星のや」 
この宿の魅力にノックダウンされました。

3泊4日、感動がいっぱい!総集編をお楽しみに。

| お出かけ | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋休み3日め

20061004000703
北軽井沢にある珈琲工房須田さんをたずねました。ご夫婦ともに感じよく迎えてくださり感謝。コーヒーについて熱く語りあいました。これからもよろしくです。
今日の泊まりは「星のや」ここは本当に素晴らしい!ホームページで見るよりもうんといい!どこがいいのか?何もかも。参りました。帰ってから気合いを入れて書きますので、また見てください。 軽井沢、今日はとても良いお天気でした。

| お出かけ | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋休み2日め

20061003001250
今日は軽井沢。シーズンオフの平日、しかも雨、なのでどこへ行ってもガラガラ。快適です!あの有名な万平ホテルでお茶をした後は、車で1時間離れた玉村豊男さんのVILLADEST GARDENFARMへ。ここが感動!またお伝えします。

| お出かけ | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋休み第一日目

20061002000731
那須高原にあるCAFE SHOZOに行ってきました。今回の一番の目的の所。オーナーさんにもお会いできました。話の中には、ステキな言葉があふれ、カフェの雰囲気も抜群で、とてもいい時間でした。詳しくはまたの機会に。
今宵は東京、雨です。今からディープインパクトの応援をします。

| お出かけ | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋休み

10月1日(日)~4日(水)まで、秋休みです。
    CIMG1784.jpg
今回の休みは、関東方面への視察旅行です。
最大の目的は、那須高原にある「CAFE SYOZO」
というお店をたずねることです。とても良いお店という評判です。
オーナーさんにもお会いできる予定。参考になることが
いっぱいありそうで、今から楽しみです。

そして、せっかく東京まで行くんだから…ということで
軽井沢まで足を伸ばしてきます。
ここでの目的は、「星のや」という宿に泊まること。
ホスピタリティーが素晴らしいらしいのです。

玉村豊男さんのワイナリーにも寄ります。

旅行の様子は携帯からこのブログに書きますので
また見て下さい。

明日は京都駅7時発の新幹線に乗ります。
では、行ってきます!

| お知らせ | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。