マウンテン通信

大阪府高槻市にある、自家焙煎コーヒーとオリジナルハーブティーの店マウンテンのブログです。楽しくハッピーな日々を綴りました。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水無月ブレンド



今日から6月。すっきりと過ごしたいですね!

さて、今月のブレンドは、
「水無月ブレンド」

ベ-スはドミニカ。
味の奥行きとしてブラジル、
余韻にタンザニアを使っています。
すっきりキレの良いコーヒー。

じめじめした梅雨でも、
おいしくホットコーヒーを
楽しんでいただけます。


スポンサーサイト

| コーヒー&紅茶の話 | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティスティンクのお勉強。



コーヒーの味を表現する方法は、
ワインとよく似ています。

おいしさを、ただ「おいしい」
という言葉以外で、
いかにして伝えられるか。
味覚と感性の訓練です。

それで、ワイン会に潜入させていただき
勉強してきました。

しかし、このワイン、
どれも個性があっておいしいのです。
なにせ、ワイン好きなものですので、
仕事を忘れそう-♪

| コーヒー&紅茶の話 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

煎りたて定期便




5月の定期便の準備ができました。

今月はのコーヒーは、
キリマンジャロ、
やや深めの焙煎。
甘さとコクを楽しめます。
モカブレンド、
フル-ティーな飲みやすいコーヒー。

ケーキは、
さくらんぼのサワ-ケーキ。
マスカルポ-ネとサワ-クリームの、
風味あるケーキです。

もうすぐヤマトさんが引き取りに
来てくれます。

お申し込みのみなさん、
明日届きますよ-!
楽しみにお待ちください。

| コーヒー&紅茶の話 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハ-ブティーいろいろ



マウンテンの隠れた人気もの。
ハ-ブティーです。

全て、オリジナルのブレンド。
ほぼ有機ハ-ブを使っています。

ブレンドは、ハ-ブを勉強した者が、
責任を持って行っています。

マウンテンのモットーは
効能はもちろん、
見た目もキレイで
飲んでおいしく!

この季節、オススメは、
「春茶」        
 身体の調子を全体的に整えるティー。   
「すっきり茶」
デトッケスティー。
「ミントロ-ズティー」
女性の味方、ロ-ズがたっぷり。

ハ-ブティーは
男性の方にもオススメです。
一度飲んでみてください。

| コーヒー&紅茶の話 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちっちゃいハ-ト◯



ショットグラスのエスプレッソに
ちっちゃなハ-トを
浮かび上がらせました。

カフェ・マキャ-ト。

エスプレッソに少しのミルクを
加えたものです。
ラテに比べると、ミルクの量が
うんと少ないので、
コーヒーを飲んでる!って感じで、
個人的に好きなメニュー。

マキャ-トとは、イタリア語で
シミという意味。
なるほど…なネ-ミングですね。

| コーヒー&紅茶の話 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JAZZブレンド



ジャズストは終わったけれど、
マウンテンのジャズブレンドは
5月中楽しんでいただけます。

ブレンド内容は、
★ キリマンジャロ
(アフリカのタンザニア産。
 キリマンジャロは山の名前、
 万年雪で有名ですね)
コロンビア
(サンドライ。天日乾燥の豆です)
ムンドヌォーボ
 (ブラジル、契約農園パンタノ産。
  ミネラル栽培)

それぞれの豆の深煎りブレンド。
コクのある苦みと甘みを
お楽しみください。

| コーヒー&紅茶の話 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍馬が愛したコーヒー



高知に行かれたお客様から
いただきました。

龍馬が飲んだであろう
という味を再現したそうです。

幕末の味、楽しみです。

| コーヒー&紅茶の話 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水出しコーヒー、スタート!



今年初めての水出しコーヒーを
セットしました。

ボトッポトッと一滴ずつ
お水を落としてコーヒーを抽出します。

出来上がるまで、6時間。
この時間がコーヒーをおいしく
してくれます。

明日から、アイスコーヒーは、
この水出しになります。
まろやかなのに、コクもあり
ワインのようにフル-ティな味わい。
胸やけしないと評判です。

夏をお楽しみください!

しかし、この水出し、去年は
4月の初めから作っていたような、
今年は本当に寒い4月です。

| コーヒー&紅茶の話 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★ 新メニュー!



キャラメル・ラ・テ、
まもなく登場します!

キャラメルソ-スが甘くて
おいしいのです。

| コーヒー&紅茶の話 | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JAZZブレンド

もうすぐ、ジャズスト。

パンフレットも出来上がり、
IMG_3470.jpg

気持もワクワク。
パンフレットを持ってきてくれた
やっさんが着てたジャズT。
IMG_3471.jpg
(やっさん、お腹引っ込めてない?)

今年もビッグゲストぞろいです。
あの日野皓正さんも、飛び入りするかも、
なんて噂もありますよ。

5月3・4日、高槻でお待ちしています。

さてさて、そんなワクワクな4月・5月の
マウンテンのおすすめコーヒーは、
その名もジャズブレンド。
ブラジル・ムンドノーヴォのフレンチローストをベースに
タンザニア、コロンビアをブレンドしています。
イメージは夜のジャズバー。
少し苦めの大人味です。

コーヒーのシールは、通称サキコロ
のアルバムから失敬しました。
「サキソフォン・コロッサス」はいわずと知れた
ジャズの名アルバム。

ソニー・ロリンズさんは、なんでも大の日本通だそうで、
特に好物は「ふぐ」だそうです。
おっ、マウンテンのお向かいにも
有名なふぐ屋さんがありますよ。
ロリンズさん、ジャズスト出演お待ちしています!

マウンテンのCDコレクションの一部です。
IMG_3469.jpg
ジャズってステキ!


| コーヒー&紅茶の話 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤッター!



大成功!
でっかいハ-トが描けました。

| コーヒー&紅茶の話 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花畑みたいです。



今日は、ハ-ブティーのブレンドをしています。

お茶の名前は「アンチエイジング茶」」

ちょっと気になる名前でしょう。

老化予防、美肌・美白作用の
ハ-ブをたっぷりブレンドしています。

| コーヒー&紅茶の話 | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただいま、ばい煎中。



ドミニカをばい煎中。
すっきりフル-ティーな
味に仕上げます。

引き続き、マンデリン、
コロンビアと続きます。

| コーヒー&紅茶の話 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーマウンテン NO1

誰もが知ってるコーヒーといえば、
      ブルーマウンテン!

他のコーヒーは麻袋に入ってきますが、ブルマンだけは、
木の樽に入ってきます。

 IMG_2161.jpg

この樽をよ~く見ると、タガの上から、

 IMG_2176.jpg

HANDLE WITH CAREという文字が印刷されています。
この「タガの上から」というのが大事。つまり、リパックされて
いないという証拠です。

木のふたを開けると中にはこんな紙が入っています。

 IMG_2167_20100723025705.jpg

紙には、その重量と、正式なブルマンであるということが
記されています。
これも、本物のブルマンである証です。

ブルマンは日本で樽詰めされた偽物が多く出回っているため
本物であるという証拠は誇りです。

さて、ブルマン。
どんな味でしょうか。
ブルマンは、味、香り、コクともにバランスのとれたコーヒーで、
やわらかく上品な味わいは、多くのファンを持っています。
特に日本人の好みに合うようで、輸出量の大半を日本が
占めています。

ブルーマウンテンと呼べるのは、1953年にジャマイカ政府が
決めた法律、
 (標高800m~1200mのブルマンエリアで生産され、
  かつ、指定された精製、加工工場で処理されたコーヒー)
だけです。
等級も定められており、NO1、NO2、NO3のランクがあります。

マウンテンの取り扱いは、本物のブルーマウンテン NO1。
まだ飲んだことのない方はぜひ飲んでみてください。
多くのファンを持つわけがわかりますよ!

おまけ:ブルーマウンテンの地名の由来
     18世紀、ジャマイカがイギリスの統治下になったときに
     初代の総督が、霧の向こうに美しく輝く神秘的な山を見て
     「ブルーマウンテン」と叫んだことがはじまりだそうです。 

 

| コーヒー&紅茶の話 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒマラヤマウンテン

30キロ限定コーヒーです。
ヒマラヤマウンテン(ネパール産)

ヒマラヤ

あのエヴェレストのあるヒマラヤ山系で生産される
大変希少価値のあるコーヒーです。

ネパールでコーヒーが栽培されだしたのはおよそ30年前。
本格的に輸出されだしたのはほんの5年前といいます。
農村の貧困緩和、土壌浸食の防止などを目的にした
農業政策のひとつとしてコーヒー豆が栽培されています。

国内外の団体からの技術援助によって築かれた高水準の品質。
また、ほとんどが零細農家なため、高価な農薬を使用せず
実質の無農薬栽培になっています。

ハーブのようなひかえめな花の香りを持ち、
程よいコクを持ちながらもやわらかい印象のコーヒーです。

神々の山、エヴェレストに思いをはせながら
この貴重なコーヒーをお楽しみください。

| コーヒー&紅茶の話 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしい!のために

焼き立てはおいしい! か?

最近、「焙煎したてのコーヒーをください」と言われる方が
多くなりました。
少し前に、テレビで取り上げられていたそうです。

さて、焙煎したてのコーヒー豆はおいしいでしょうか?

焙煎してすぐの豆を飲んでみると…
香りは、豆を煎ったような香ばしい香り。
     (コーヒーは、豆でなく種ですが)
味は、まだ個性が出ておらず、スカッと抜けた印象です。
    どの豆も味が近い感じです。

それが、一日経ち、二日経ち、徐々に個性が出てきて
甘さ、苦さ、酸味、香りなど奥行きの深い味わいになります。

焙煎したての豆は香ばしく、それはそれでおいしいものですが、
本来のコーヒーの味とは違うものなのです。
コーヒーというものをパーフェクトに楽しむならば、
焙煎してから味が落ち着いた2~3日以降ということになります。

ただし、(ここからが重要!)
この話は、焙煎がしっかりできている
うえでのことです。

生のコーヒー豆は、十数パーセントの水分を含んでいます。
焙煎という作業は、その水分を飛ばしながら、豆の成分を
化学反応させることにより、味を作っていくことです。

豆は非常に固いため、じんわり、しっかり火を通していかないと
表面だけいい色(いわゆるコーヒー色)でも、中に芯が残ります。
わずか紙一枚のような芯残りでも、それが生焼けとなり、
えぐみ、しぶみの原因にります。

その、えぐみしぶみは、焙煎したての豆では香ばしさの影にかくれ、
感じることは少ないのですが、日が経つにつれ、姿を現してきます。
また、いれ立てでは感じないのに、冷めたら飲めないコーヒーも
それが原因です。
そして、そんな味がコーヒーの味だと思ってしまうのです。

特に、短時間で焙煎した豆や、少量で焙煎した豆、画一的に
焙煎した豆、数種類を一緒に焙煎した豆などに顕著に現れてきます。

きちんと焙煎された豆は、えぐみやしぶみを感じることなく
コーヒー本来の、甘さ、苦さ、酸味などを楽しむことができます。
また、冷めてもなおおいしい!と思えるものなのです。
決して胸焼けなどおこすものではありません。

焼きたての豆がすべておいしい、のではなく
適正に焙煎された豆が、
焼きたてもおいしい!
 のです。


    

| コーヒー&紅茶の話 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キレイなアイスオーレ

ミルクたっぷりのアイスオーレ、おいしいですね。
おいしいオーレをさらにおいしく!
見ためもキレイなアイスオーレです

ブラックのアイスコーヒー牛乳で作ります。(豆乳でもおいしいです)

CIMG1331.jpg  CIMG1334.jpg  CIMG1338.jpg

① グラスの口のところまで、氷をタップリ入れます。
② 牛乳を入れます。
   (おいしい比率 牛乳6: コーヒー4
③ 上からゆっくり、そおーっとちょっとずつコーヒーを
  入れていきます。
   (牛乳に乗せる感じ。氷に沿わせるとうまくいきます)
   (シロップをいれるときは牛乳に入れておきましょう。
    さらにキレイに二層に分かれます)
ハイ、出来上がり!

| コーヒー&紅茶の話 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すいかブレンド

7月になると登場するのが
     すいかブレンド

    すいか01
    
新しいお客様は必ずと言っていいほど、
「コーヒーの中にすいかが入っているの?」
「すいかの味がするの?」と聞かれます。

いえいえ、すいかは入っていませんが、
これは、すいかをイメージしたコーヒーです。
中煎りのコーヒーの中に深入りの豆をぽつぽつと
ブレンドし、すいかの種に見えるようにしました。
(できたいきさつは、こちらでご確認を。
 ただし、現在は1種類だけになっています)

フルーティなエチオピアのモカをベースに、
薫り高いドミニカ、そしてアクセントは、
コロンビアの深煎り。
味が濃いながらもすっきり感のあるジューシーな
コーヒーです。

すいかブレンドは、7月・8月のおすすめブレンドです。
暑いときには熱いものを!



| コーヒー&紅茶の話 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしい!のために

マウンテンのコーヒーでペーパードリップしている様子を
あげてくださっているブログを発見しました。
「おいしい」と、うれしいお言葉もいただいて、
ありがたいことです。

で、そのドリップの様子を観察すると、点数で言えば
失礼ながら、80点。
お湯のかけすぎ、な感じです。

月兎のホウロウポットも円錐ドリッパーも使って
いらっしゃるので、あと少しの工夫で、さらにおいしく
飲んでいただけます。

ケーキやパンなどは、おいしく作ったらそのままの味を
お客様に食べていただけます、つまり、作り手もお客様も
同じ味を共有していることになります。
しかし、コーヒーは、保存方法、挽き方、分量、いれる方法、
器具、やり方、お湯の温度、カップ…
 など、さまざまな
ことに影響され、味が変わります。
同じ豆でも、いれかたで変わりますし、同じ道具を使っていても
いれる人でその味はずいぶん違います。
つまり、コーヒー屋がつくっている味と、お客様が飲んで
くださっている味は違っている場合がほとんどなのです。

その違いをいかに無くすか! 
これが私たちコーヒー屋の大切な仕事なのです。
おいしいコーヒーをお届けするのは当たり前。
それをいかにおいしく飲んでいただくか。

本当のおいしいくコーヒー を飲んでいただくために
マウンテンは うるさいコーヒー屋 になります!
コーヒーのことについて、どんどんお尋ねください。
どんなことでもお答えします!

| コーヒー&紅茶の話 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水無月ブレンド

6月・水無月・雨の月

水無月の由来は…
梅雨があけて水が無くなる月であるという説。
逆に田んぼに水を張る必要がある月「水張月(みづはりつき)」
「水月(みなづき)」という説。
水無月の「無」は「の」という意味の連帯助詞であり「水の月」
という説。これは「神無月」も同じとか。
いずれにしても6月は水に関係が深い月ですね。

水無月といえばもう1つ、6月の和菓子です。
      20070615014938.jpg
三角ういろうの上に小豆がのっています。三角形の形は「氷室」
の氷を表し、小豆は氷に付いた土を表します。小豆は悪魔払いの
意味もあるそうです。
「氷室」とは、朝廷に氷を献上するため、冬の氷を夏まで保存
しておいた場所です。

高槻には「氷室」という地名がありますが、ここの氷はどこへ
献上していたのでしょうか。

水無月ブレンドは、タンザニア、ドミニカ、ブラジルの
ブレンドですが、ただ今ドミニカが絶好調なので
昨年よりちょっとだけドミニカの配合率を増やしました。
結果、フルーティさが増し、一段とすっきり感が前に
出てきたように思います。

来る梅雨も楽しくすごすために、水無月ブレンド
どうぞよろしくお願いいたします。


| コーヒー&紅茶の話 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。